東京から、あたらしくしよう

コロナ禍でもつながった、20回目のバトン。どうしても見たかった、やりたかった早稲田祭へ

日々のこと

※毎年恒例の早稲田祭エッセイです

当然のようにあり続けると思ったものが、突然なくなった。

人と集まることも、お酒を酌み交わすことも、肩を組んで応援歌を歌うこともできなくなった。

そんな学生生活を送っている学生たちの気持ちを考えると、本当に胸が苦しい。私たちにもっと、できることはなかったのか。

そんな情けない大人たちを横目に、学生たちは力強く前に進んでいました。

オンライン開催になった2020、そして今年は来場者を絞りながらも、有観客での開催。

4年間しかない(実質活動できるのは3年間)学生生活の、その丸2年をコロナという危機に見舞われながら。

それでもこのバトンを繋いでくれた後輩たちには感謝の言葉しかありません。

校友サロンで出会った運スタ後輩たちと。

ついに新生早稲田祭が2002年に始まってから、今年で20年。変わるもの、変わらないもの。

「コロナ禍での早稲田祭の意義や意味を問われて、色々答えて来たけど。結局は早稲田祭を見たい、早稲田祭をやりたいと言う想いが一番だった

という最後の代表あいさつに、すべてが凝縮されていた気がする。

私たちは創りたい。私たちは見たい。私たちは同じ瞬間を過ごしたい。

その想いをすべて詰め込んだ空間こそが、私が青春のそのすべてをぶち込んだ早稲田祭そのものなんだと思います。

この年になって、そして政治家になって、つくづく早稲田祭と早稲田祭運営スタッフ(運スタ)がくれたものの大きさを痛感する日々です。

毎年のようにやってくる選挙におけるチームづくりやオペレーションも、党内で回ってくる事務仕事でも、私の基盤にあるのはほぼすべて早稲田祭の経験。

「事の成否は準備と段取りが99%、本番はたったの1%」
「悲観的に準備をして、楽観的に実行せよ」

と先輩たちから叩き込まれた裏方の美学を胸に、細部まで自分で詰めるのは運スタ時代からの私の性分。

早稲田祭がなかったら、今の自分がないと断言できるからこそ、早稲田祭もいつまでもあり続けて欲しい。

そんなワガママな願いを叶えてくれる後輩たちに、今年も心からのありがとうを。

来年こそ、フルスペックでの早稲田祭が開催できることを信じて、私もそのために力を尽くしていきます。

20年目の早稲田祭に、誰よりも深い愛と感謝を込めて。

早稲田祭運営スタッフOB
音喜多 駿

関連過去記事:

早稲田祭, I love you. / 2013
http://otokitashun.com/blog/daily/1823/

青春のど真ん中にあって、誰にも譲れないもの。早稲田祭 / 2014
http://otokitashun.com/blog/daily/4889/

欠点だらけな私の夢を支えるもの、早稲田祭。 / 2015
http://otokitashun.com/blog/daily/9344/

裏方の美学。何よりも大切なことを教えてくれたのは、やっぱり早稲田祭だった / 2016
http://otokitashun.com/blog/daily/13227/

「夢は叶う」なんてシンプルなことを、やっぱり自分は早稲田祭から学んでいく / 2017
https://otokitashun.com/blog/daily/16467/

早稲田祭。ただそこにあり続けて、続いていくことの偉大さを。 / 2018
https://otokitashun.com/blog/daily/19173/

情熱を失わない限り、夢は続く。早稲田祭でも、人生でも。 / 2019
https://otokitashun.com/blog/daily/21951/

圧倒的な想いと熱量が、距離と時間すら超えていく。あたらしい「オンライン」早稲田祭へ愛を込めて / 2020
https://otokitashun.com/blog/daily/24646/

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ