参議院議員

おときた駿

日本を、丸ごと、あたらしくしよう

犯人は現行犯逮捕。演説妨害・政治活動妨害は犯罪行為です。

2024年2月29日 11:36 • 日々のこと

銀座三越前で街頭演説をしていたところ、大声を上げながら執拗に迫ってくる男がおり、結論から申し上げると駆けつけた警察官にしっかり現行犯逮捕されました。 当時の状況をTweet(ポスト)したところ、案の定 「維新のようなレイ [&hellip...

>> 続きを読む

怒れる岸田文雄首相、大博打に出て党争を制すも、国民から見れば箱庭内の嵐

2024年2月28日 23:37 • 日々のこと

岸田文雄総理が党内的な大勝負に出て、そして勝った。そんな顛末だったと言えるでしょう。 28日朝、突如として岸田総理が政治倫理審査会へのフルオープン出席を表明。ごく身近な側近も含めて誰にも相談せずに決断したらしく、事前に察 [&hellip...

>> 続きを読む

「最悪や!」思わず本音が漏れる、自民党の迷走とガバナンスの崩壊

2024年2月27日 23:46 • 日々のこと

テレビカメラの前で、打ち合わせから出てきた浦野靖人代議士が「最悪や」と嘆息するほど、政治倫理審査会を巡る27日の自民党の対応は酷い有様でした。 さすがにあそこまで岸田総理・総裁が「説明責任を果たす」と言っているのだから、 [&hellip...

>> 続きを読む

そもそも政党に候補者の「身体検査」はどこまで可能なのか問題

2024年2月26日 23:15 • 日々のこと

国民民主党が東京15区(江東区)の候補者擁立を取り下げると発表されました。本人の過去の行為の中に、党として看過できない法令違反に該当する行為があったとのことです。 党公式の記者会見では法令違反の内容はプライバシーの関係も [&hellip...

>> 続きを読む

毎日情報発信をすることで「リーダー脳」が鍛えられる。だから毎日ブログを書いたりしよう!

2024年2月25日 18:21 • 日々のこと

さて、今日は定期的に書きたくなる「ブログ書こうぜ!」というお話です。最近なら動画発信でも良いんですけどね。 日本中から様々な分野のグローバルリーダーが集まる「G-1サミット」が、先程すべて終了いたしました。 40歳以下が [&hellip...

>> 続きを読む

言語化や共有が難しい万博の魅力。むしろ「未知数」「わからなさ」に核心があるのかもしれない

2024年2月24日 23:00 • 日々のこと
言語化や共有が難しい万博の魅力。むしろ「未知数」「わからなさ」に核心があるのかもしれない

日本中から様々な分野のグローバルリーダーが集まる「G-1サミット」に参加しています。藤田文武幹事長や私もイベントに登壇させていただき、万博や情報発信についてディスカッションさせていただきました。 登壇者も含めて色々な方と [&hellip...

>> 続きを読む

ウクライナへのロシア侵略開始から2年。国際社会はもう一度、一致結束して勝利に向けたウクライナ支援を

2024年2月23日 15:52 • 日々のこと

明日24日でロシアによるウクライナ侵略開始から2年が経過します。 改めてロシアによる武力侵略を最大限に強い言葉で批判するとともに、国土を守るために闘うウクライナに心から敬意を評し、できうる限りの支援を続けていくことを誓う [&hellip...

>> 続きを読む

裏金を作っても「納税は議員の判断」支援金制度は「月1,000円を超える可能性」自民党の馬脚が次々に表れる呆れた国会審議

2024年2月22日 23:22 • 日々のこと

衆議院では連日、予算委員会の審議が続いていますが、自民党の集団無責任体質には呆れ返るばかりです。間違いなく、私が国会議員になってから一番酷いものだと断言します。 財務大臣は裏金議員たちの脱税疑惑を問われ、「納税は各議員が [&hellip...

>> 続きを読む

参議院の裏金議員32名は全員出席せよ!政治倫理審査会に正式な申立を行いました

2024年2月21日 16:34 • 日々のこと
参議院の裏金議員32名は全員出席せよ!政治倫理審査会に正式な申立を行いました

本日、参議院・政治倫理審査会の幹事懇談会が行われ、委員5人の連名で裏金議員32名に対して審査会出席を求める申立を正式に行いました。 ※申立書が2種類に分かれているのは、すでに起訴・離党している大野泰正議員に対しては申立理 [&hellip...

>> 続きを読む

盛山文科相への不信任案で、ついに予算自然成立「30日ルール」の日程が突破されるか

2024年2月19日 23:06 • 日々のこと

盛山文科相に対する不信任案が立憲から提出され、衆議院における予算審議が一旦ストップしました。 この不信任案に対する賛否については採決後に理由とともに発信させていただくとして、これは普段の政局とは違った厚みを持っている駆け [&hellip...

>> 続きを読む

記事をもっと読む