参議院議員

音喜多駿/おときたしゅん

Tokyo Innovation 東京から、あたらしくしよう





新型コロナワクチン接種。リーダー(政治家)が優先されるのはアリだけど、事前説明を徹底すべし

2021年5月13日 21:55 • 日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。 国会の終盤戦、本日は日銀総裁と暗号資産・ステーブルコインについて議論を闘わせました。 日銀黒田総裁が「ステーブルコイン」に前向きな姿勢 財政金融委員会で音喜多議員 [&hellip...

>> 続きを読む

またしても後手に回った水際対策。オリパラに配慮?精神論と楽観論と悲観論が入り交じる謎の意思決定

2021年5月12日 23:37 • 日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。 これだけインドでの窮状が伝えられながら、ようやく、ようやく政府がインド等からの水際対策に踏み切りました。 多くの方がすでに指摘しているように、すでに東京都内でもイ [&hellip...

>> 続きを読む

現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

2021年5月11日 11:28 • 日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。 テレワーク状況公表に反発 経団連幹部「無理なところある」https://www.fnn.jp/articles/CX/181062 西村担当大臣から改めて民間企業 [&hellip...

>> 続きを読む

山積みの課題を前に「活動停止中」の東京都議会。最大会派は署名集めの前に、臨時議会を開催せよ

2021年5月10日 22:26 • 日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。 緊急事態宣言が5月末まで延長され、協力金の遅延・財源不足やビッグサイト問題(損失補償)など、東京都政でも議論することが山積みです。 そんな中、都知事と双璧をなして [&hellip...

>> 続きを読む

「人権派弁護士」が牙をむく時。正義感の暴走、池江璃花子選手への中傷は異常だ

2021年5月9日 23:56 • 日々のこと
「人権派弁護士」が牙をむく時。正義感の暴走、池江璃花子選手への中傷は異常だ

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。 ここ数日、池江璃花子選手に「五輪辞退」を求める心無い言葉が向けられていることが話題となっています。 もちろん9割以上の人はそんなことをしておらず、ごく一部の方々に [&hellip...

>> 続きを読む

過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断ができず、不公平と感染が加速する現状を憂う

2021年5月8日 23:55 • 日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。 緊急事態宣言の延長が決定されて最初の週末、各地で「過去最多」の陽性者が記録され、明るいニュースはほとんどありません…私も各種の問い合わせや打ち合わせに追われる1日 [&hellip...

>> 続きを読む

「宣言延長」と「対策緩和」という矛盾。不公平感も高まる、リスクコミュニケーションの失敗

2021年5月7日 23:25 • 日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。 この判断自体はやむを得ないものとはいえ、「短期で抑え込む」と主張して5月11日までと無理なスケジュールを引いた失政は明らかです。 それはまた事後に検証するとしても [&hellip...

>> 続きを読む

質疑から逃げた立憲民主党は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実で遺憾な憲法審査会の結末

2021年5月6日 23:55 • 日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。 国民投票法改正案 衆院憲法審査会で可決 今国会で成立へhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20210506/amp/k1001301 [&hellip...

>> 続きを読む

緊急事態宣言は延長へ。追加の財政出動が必要不可欠、今なお「児童手当」増額も有効な一手か

2021年5月5日 22:46 • 日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。 GWの連休も最終日となりましたが、緊急事態宣言の延長は不可避という状況となっています。 こうなれば、経済を支えるために追加の財政出動は不可避です。 菅総理は三度目 [&hellip...

>> 続きを読む

いま、政治家がもっとも恐れる存在。「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか【書評・雑談】

2021年5月4日 23:31 • 日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。 連休も後半戦、積読になっていた「2016年の週刊文春」を読了しました。 文字通り、政界を揺るがす存在となっている週刊文春。「早刷り」と言われる発売前の原稿が(なぜ [&hellip...

>> 続きを読む

記事をもっと読む