東京から、あたらしくしよう

情熱を失わない限り、夢は続く。早稲田祭でも、人生でも。

日々のこと

※毎年恒例の早稲田祭エッセイです

「早稲田祭に行ってみろ、青春のすべてをそこに置いてきた」

と有名な海賊王が言ったとか、言わないとか。

「早稲田祭ってなんだ」
「自分たちは何をするべきか」
「俺たちで日本一の祭りを創るんだ」

運営スタッフとして、飽きることなく考え続けた日々。

学生会館が閉館した後、正門前で大隈講堂を見上げながら何時間でも語り合った。文字通りに、青春のすべてを注ぎ込んだ。

「俺より早稲田祭のことを考えてるヤツなんていない」

そんな慢心は木っ端微塵に打ち砕かれて、副代表選挙に落ちた。局長選出も負けた。

二度とあんなことは味わいたくないと思っていたけれど、今年北区長選挙で落選して、敗北感とともに自分の不甲斐なさと原点を思い出す。

でもそこからがスタートで、情熱を失わない限り夢は続いていく。早稲田祭でも、人生でも。

18年連続、18回目の来場となる早稲田祭。

「コンセプトをもっと練れるはずなんだよ」
「俺たちのときはこうだった」

と論評しながら、後輩たちが創り上げた素晴らしい祭りにニヤニヤしながら会場を後にする。

SNSでこういうTweetを見かけて、我がコトのように嬉しくなる。そんな最高のイベントが毎年あることが、青春を費やしたご褒美なんだと思っています。

あのときは悔し涙で終わった結末を、今度はハッピーエンドにしてみせる。

祭りの後にロータリーで号泣していた過去の自分に、「お前のその想いは無駄にならない」って伝えに行く。

そんな青臭いことを本気で思わせてくれる、最高の早稲田祭をくれた後輩たちに、今年も心からの感謝を。

ありがとうございました。

あのときの熱量をそのままに、誇りを持って前に進みながら、また来年もここに来ようと思います。

18回目の早稲田祭に、限界までの愛を込めて。
音喜多 駿

関連過去記事:

早稲田祭, I love you. / 2013
http://otokitashun.com/blog/daily/1823/

青春のど真ん中にあって、誰にも譲れないもの。早稲田祭 / 2014
http://otokitashun.com/blog/daily/4889/

欠点だらけな私の夢を支えるもの、早稲田祭。 / 2015
http://otokitashun.com/blog/daily/9344/

裏方の美学。何よりも大切なことを教えてくれたのは、やっぱり早稲田祭だった / 2016
http://otokitashun.com/blog/daily/13227/

「夢は叶う」なんてシンプルなことを、やっぱり自分は早稲田祭から学んでいく / 2017
https://otokitashun.com/blog/daily/16467/

早稲田祭。ただそこにあり続けて、続いていくことの偉大さを。 / 2018
https://otokitashun.com/blog/daily/19173/

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ