ひらけ、東京!!

早稲田祭, I love you.

日々のこと

536411_315691338505917_1761701533_n

何かを変えたくて、変えられると思ってたから、とにかく毎日走っていた。

人並みに恋愛もした気がするけど、
結局彼女なんてできなかった僕の大学生活は、ひたすらに祭り一色だった。
頭のどこを切り取っても、そのことばかり考えてた気さえする。

「日本一の学園祭を創る」
「早稲田から社会を変える」

そんなことを大まじめに語っても、誰一人馬鹿にしたりしない
最高の仲間たちと、最高の日々。

もう一度生まれ変わっても僕はそれをやるだろうし、
もしもない世界に生まれたら、きっとゼロからだって創ろうとするだろう。

早稲田祭。

誰よりも大好きで、いつまでも愛しい場所。
自分の青春のど真ん中にあって、誰にも譲れない想い出。

今年はいつもより少しだけ特別な想いと共に、
またこの季節がやってきた。

社会を変えたいというその想いは
いつしか祭から政(まつりごと)に向かっていって、
僕は宣言通り、政治の世界に挑戦することになりました。

8年前。
自分にとって、学生最後の早稲田祭の年。

あれだけ焦がれたのに、思い描いていたことが何もできなかった僕は、
悔しくて、不甲斐なくて、終ってしまうことが寂しくて、
人目もはばからずわんわん泣いた。

けどその時、そばでじっと見ていた後輩が

「今度は、オトキタさんの嬉し涙が見たいから」

と、今回の選挙に最初から最後まで携わってくれました。
政治の世界で祭りをやりたいと言って、無謀な挑戦をした僕を、
あの時の多くの仲間たちが、あの時と変わらぬ熱意で支えてくれて。

あなたの元で出会った仲間たちのおかげで、
僕は政治家として、あなたに会いに来ることができました。

配っていた宣伝チラシは政策レポートになって、
握っていた警備灯はマイクになったけれど、
あの時のように毎日が充実しています。

264543_765248946824982_689831879_n

そして早稲田祭で学んだ、もう一つ大切なこと。
熱は伝わる。高いところから、低い方へと。

今年の早稲田祭2013、最高のイベントでした。
ふんどし姿の学生たちが口々に夢を叫ぶ、復活した「男祭り」も、
元引きこもりだった男が、

「今ここに来ている早稲田が大好きな連中は、どうでもいい。
 俺は怖くて踏み出せない、部屋に閉じこもってる人たちに伝えたい。
 ここ(早稲田)にいる奴らは、誰一人、おまえらを笑ったりしない!!」

と絶叫した早稲田王決定戦も、
ミュージカルをコンセプトにした過去最高レベルのエンディングも。

その熱さは、来場者の一人ひとりに確かに刻まれて、
明日から会社に向かう社会人OBOGたちの心を確実に動かしたのだから。

それと同じように。

若者たちの政治への無関心も。
古臭くて理不尽な議会の慣習も。
変わらない政界の現実も。

熱意と信念をもって臨めば、いつか必ず動かせるものだと、
僕は愚直に信じてこれからも前に進んでいきます。

今年も最高の祭りを見せてくれた
早稲田祭運営スタッフの後輩たち。
本当にありがとう!そして、お疲れ様でした。

1380429_542164155858633_673865397_n

いつまでもこの日が、大勢の仲間たちと再会できる
一年で一番美味しいお酒が飲める日でありますように。

そして僕自身もここに一年に一度、
胸を張って来れる政治家であり続けようと思います。

迷った時も、染まりそうになった時も、
きっと僕らはいつでも肩を組めば思い出せる。

あのとき確かに広がっていた、紺碧の空を。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ