東京から、あたらしくしよう

日本人は、やっぱり判官びいきなのかも?

日々のこと

昨日夕刻の代表辞任の報道を受けて、今朝の街頭活動は
果たして何を言われるか、内心本当にビクビクしていました。

政治家と言えど人間です。
党勢が厳しいときは正直、駅に立ちたくありませんし、
罵声を多く浴びせられればそれだけダメージを受けます。

先週の街頭活動はそういった意味で、本当に厳しいものでした。
罵声を浴びせられのにはある意味慣れてると
開き直れる部分もありますが、

「あなたには期待してたのにね。」
「いままで応援してたけど、これじゃあもう支持できない」

と言われることが、何よりのショックだったのは事実です。
代表の辞任を受けて、今日以降はどんなことを言われるのかと
不安な気持ちで駅に向かいました。

ところがその反響は、驚くほど平穏なものでした。

私は雨の日も風の日も、駅前に立ち続けている人間です。
直接言葉を交わさなくても、自分や党旗を見たリアクションから
ある程度の感触は把握できると自負しています。

そんな実感値はもちろんのこと、直接お言葉を下さる人についても、
先週は厳しいご意見を下さった人が

「ここからが正念場だな」
「まだ説明は足りないけれど、これから頑張ってほしい」

と励ましの言葉をかけてくれるまでになりました。

日本人というのは本当に、けじめを取ってやめた人間は追及しない、
弱った人間は叩かない、判官贔屓な人間なのかなあと思います。

一方でマスコミ報道に便乗して、叩くときには過剰なほどに
責め立てる部分とは表裏一体なのかもしれません。

もちろん、こうした世間の風が収まったからと言って、
それがイコール説明責任を果たしたことだとは思いません。

むしろ、こうして「なあなあ」にすることが、
日本社会の悪い部分である可能性は高いと思います。

政治家として感じたこうした実感値を
実際に政界の改善に活かせるよう、引き続き議会活動とともに
駅前や街での街頭活動にも力を入れていきたいと思います。

本日は文字通り分刻みのスケジュールにて、簡潔ながら。
それでは、また明日!

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ