東京から、あたらしくしよう

「まだ私たちは、ここに来るべきじゃなかった!」仲間とともに泣いた、あの年から10年。忘れられない悔しさを、復興への力に。

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

3月11日。ついに東日本大震災が発生したあの日から、丸10年の月日が経過しました。

「政治家になりたい」「国を変えるんだ」

口先だけでそう言ってぼんやりと20代を過ごしていた私に、それはあまりにも大きく、辛すぎるきっかけになった出来事で。

2015年3月11日のブログ

テレビに映る被災地の光景に、そこに敢然と向かう友人の姿に、居ても立っても居られずに東北に足を運び続けたあの日々。

最初は本当に力不足で、思っていた通りの支援なんて全然できやしなくて。

「まだ私たちは、ここ(被災地)に来るべきじゃなかった!」

と泣き出すメンバーを慰め、奮い立たせて、がむしゃらに瓦礫と向かい合った。そして被災した子どもたちのために、巨大カステラを作りまくった。

5年間副代表を務めた任意団体、世界で(多分)唯一「ぐりとぐら」の巨大カステラを忠実に再現できる被災地支援技能集団「ふらいパンダ」の活動記録は以下のブログに。

歳を重ねて、経験を積んだら、あの無力感を忘れられるのかな。

政治家になったら、もっと自信をもって、被災地の役に立てるかな。

そう思っていたけれど、残念ながら今の私もまだまだ非力なままで。

癒えることのない被災者の方々の心の傷や、原発処理水や甲状腺がん検査など、なお残る課題の前に唇を噛むばかり。

それでも、できることを一つずつ積み重ねて、前に進んでいく。被災地も、この社会も、私自身も。

悔しかったあの気持ちと、瓦礫を掻き分けた後や、カステラを食べる時にもらった最高の「ありがとう」を胸に。

次の10年、その次の20年も、東北とともに歩みを進められたら。

東日本大震災で亡くなられた方々の改めて衷心より哀悼の意を表しますとともい、被災地とこの国の復興に尽力すること改めてお誓い申し上げます。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 37歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。37歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ