東京から、あたらしくしよう

北区長選以来の赤羽街頭活動。激励・批判・疑問を受け止めて前へ

日々のこと

こんばんは、おときた駿@参院選東京選挙区です。

本日は公認発表後、初の両予定候補が揃っての街頭演説会が行われました。

突貫で白黒コピーのチラシを500枚刷って持っていったのですが、1時間ちょっとで完全になくなりました。。

北区でもっとも大きなターミナル駅である赤羽といえば、北区長選挙最終日に最終大演説会を行った場所で、車を使っての演説会はそれ以来。


(あたらしい党の党員の方が、文字起こしをしてテロップを付けて下さいました!)

北区を変えたい、この街から社会を良くしていきたいと訴え、駆け抜けた北区長選挙。

それから間をおかずして国政選挙への挑戦に対しては、「もう一度、北区長に挑戦するのが筋ではないのか」「地元を見捨てられたようで悲しい」という声をいただくことは事実です。

一方で、それを上回る「激闘の時代に、4年間浪人はもったいなすぎる」「国政から地域を良くするために活動するのは大賛成」という激励もいただきました。

私自身ですら判断に迷ってきたことに対して、賛否が出るのは当然です。選挙という審判をくぐり抜ける以上、自身が誰よりも説明責任を尽くし、有権者の皆さまに向き合っていかなければなりません。

ネットの書き込みは見なければ良いかもしれませんが(きちんと見ますけど)、実際に選挙に出るとなれば、政治家として避けて通れる道はないのです。、

今この瞬間にも、将来世代へ負担が先送りされる政治が行われています。その現実を私は地方議員として6年間、間近で見てきました。

1年遅れれば、それだけ将来が歪んでいく。

やながせ都議が今回、都議を辞して挑戦した理由にも、この危機感があると思います。

いまだ明確な争点が見えづらい参院選ではありますが、こうした想いや危機感を伝えられるよう、地道な活動を続けて参ります。

本日は日本維新の会・あたらしい党両党の議員団の他、まだ本格的な募集を始めていないにもかかわらず、たくさんのボランティアの方々に駆けつけていただきました。

これまで私を支えて下さったボランティア・支援者の皆さま向けの説明会は、12日(水)19時から予定しております。

【説明会申込みフォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScYx92T8oGoqDy5DUdNIgUZcpcjLh1CRvIB8m3JyNcwohKzOg/viewform?usp=fb_send_twt

もうボランティアに参加して良いよ!今回も手伝う!という方は、ぜひこちらのボランティア参加フォームからご登録をお願いします。

参院選は長いけど、おそらくやっていて最も楽しい選挙だと思います(当社比)。

【ボランティア参加登録フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeO_cbSEjV9ODZ_FAc1EprF9g5629faSLuuur16td4uLGVE-g/viewform

長いようで、実はあっという間に終わる選挙です。平日・休日問わずやることが盛りだくさん。

2時間でも3時間でも、皆さまのお力をお借りできれば幸いです。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 35歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ