東京から、あたらしくしよう

初の電力「需給ひっ迫警報」。政府は発信力の強化と、電力の安定供給に向けた早急な見直しを

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

先の強い地震で複数の発電所が停止したことを直接的なきっかけとして、明日22日は初となる「需給ひっ迫警報」が出されることになりました。

東電管内の皆さまにおかれましては、大規模停電を防ぐためにご協力をいただきますよう、私からもお願いを申し上げます。

いま感じている問題点としては、こちらの方がTweetで指摘しているように、政府・政治サイドからの発信が弱いこと

新型コロナでは何度も緊急記者会見をしているのですから、総理または経産大臣が記者会見をして危機を伝え、一時的な節電協力を呼びかけることくらいしても良かったのではないでしょうか。

その際には、今後の中長期的な対応についても一定の見通しを示すことが重要です。

直接的なきっかけは地震と火力発電所の停止だとしても、我が国の電力供給体制は明らかに2011年以降、脆弱化の一途を辿っています。

原発を再稼働すればたちまちすべてが解決するわけではありませんが、それを含めて性急すぎる脱炭素化のフィジビリティや電力市場のあり方について、早急に見直す方針を発表する必要があるのではないでしょうか。

電力・エネルギーは予算があがった後も、国会後半の重要テーマです。

すでに維新は「緊急提言」にて原発の再稼働などにも踏み込んだ提案をしておりますが、電力市場のあり方や高効率石炭火力の活用などについても党内議論を深め、対案を提示していきたいと思います。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 39歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ