東京から、あたらしくしよう

河野太郎前ワクチン担当大臣、堀内大臣を庇うフリをして岸田内閣を後ろから撃つ?岸田総理は体制変更の説明を

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は維新塾Day!ということで、朝は横浜まで足を伸ばして神奈川維新塾の第一回講義へ。

来年の統一地方選挙を目指して、100名以上が参加。私からは珍しく「日本大改革プラン」について講義をさせていただきました。

その後は都内に戻り、「維新塾 in Tokyo」の第二回講義へ参加。

こちらは感染症状況に加え、講師の高橋洋一先生&浅田均議員が大阪からということもあり、完全オンラインにて開催。

高橋洋一先生からは金融政策を含む国のマクロ経済について、一方で大阪府議会出身でもある浅田議員からは中央銀行を持たない地方自治体の財政運営について、それぞれの角度から講義を受けて私も大変勉強になりました。

さて、夜にTwitterをおもむろに開けてみると、河野太郎大臣の発信が物議を醸しだしていました。

私の先の日曜討論で指摘をし、自民党・高市早苗大臣にも課題として引き取っていただいた点で、岸田内閣になってからワクチン担当大臣の活動量が目に見えて低下しています。

これに対して河野太郎・前ワクチン担当大臣が堀内大臣の擁護を口にしたわけですが、見方によっては岸田内閣への激しい批判であるとも言えるわけです。

・ワクチンチームは人員が激減、距離も離れた
・厚労省が情報を出さない
・最終決定権がない
・都道府県とのリエゾン(情報伝達)チームが解散
・ワクチン担当大臣と厚労大臣その他の役割分担が変わった

とのことで、重要なのは何故そのような変更がなされたのか?という点です。

普通に考えれば岸田内閣は明らかに第六波を軽視した、あるいはワクチンの優先順位を下げたわけですし、ワクチン大臣に一定程度集中していた権限を厚労大臣などに分散させる方針は、「健康危機管理庁」を作って対応を一元化させるという当初の発想とも大きく異なります

総裁選で披瀝していた、当初の発想はそもそもどこにいったんだという話ですが…。

河野太郎前大臣の発言内容について、何がどう変わったのか・それはなぜか、岸田総理は真摯に説明を尽くす必要があります。

私がやるまでもなく、週明けからの衆議院予算委員会で次々に取り上げられることになると思いますが、我々としてもしっかりと現状確認を行い、また改善策を提案していきたいと思います。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ