ひらけ、東京!!

日大広報は「雪印逆ギレ記者会見」の二の舞か。危機対応を誤り、傷口を広げる典型例…

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

急きょ行なわれた日大アメフト部監督・コーチの記者会見があまりのひどさに大炎上しており、連日になりますが今日もこちらについて取り上げたいと思います…。

歴史に残る「最低の記者会見」として、かつて雪印が集団食中毒事件を起こした際の謝罪会見で、会見時間の延長を強く迫る報道陣に対して

「私だって寝てないんですよ!」

と逆ギレした事例がありますが(雪印集団食中毒事件)、今回の記者会見はそれに並ぶものだったのではないでしょうか。

白髪司会者は日大広報部 会見紛糾「見てても見てなくてもいい」「しつこい!」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000181-dal-spo

監督は選手とコーチに責任転嫁を続け、コーチの言い訳は支離滅裂。

極めつけは雪印事件同様、司会者の広報担当が報道陣に対してたびたび衝突する始末。

なお、謝罪記者会見で取り返しのつかない失敗をした雪印はその後、グループの解体・再編を余儀なくされています。

会見・謝罪に関連しては、一昨日にブログで取り上げた狛江市長が、実名告発で逃げ場を失って辞任しました。

危機対応を誤った結果、傷口を広げて終わるという典型例です。

狛江市長が自らの否を認めずに逃げ回った結果、「狛江市」のブランドイメージを大きく毀損し、また後継となる保守系候補はこれから行なわれる市長選で大いに苦戦することになるでしょう。

日大の今回の対応は、どのような負の影響を引き起こすことになるのか。現時点では想像もつきませんが、甚大なものになることは間違いなさそうです。

記者と喧嘩する前代未聞の司会:日大が危機対応の黒歴史に金字塔
http://agora-web.jp/archives/2032784.html

日大は第三者委員会による調査を行う意向を示しているものの、このような対応では被害届を出した負傷選手も引き下がることはできないでしょう。

上記の記事で指摘されているように、司直による捜査と判断を仰ぐことが適切と言えそうです。

しばらくはこの問題が尾を引きそうな予感がしますが、何より前途ある若い選手たちへの影響が最小限であることを祈るばかりです。

それでは、また明日。

【追記】

怪我をした被害者選手の父親が、この記者会見を受けて切実な訴えをFacebook上に投稿されていました。

こちらでも共有しておきたいと思います。

私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

贖罪
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 35歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ