東京から、あたらしくしよう

歴史的な超党派における改憲条文の作成・発表。「サル」発言で立憲との政策協調は一時凍結へ…

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は憲法を巡って目まぐるしい一日でした。当然のことながら、昨日の立憲・小西ひろゆき議員の

「毎週憲法審査会を開くのはサル、蛮族」
「誰かに原稿を書いてもらっている」

発言については、批判が殺到。立憲民主党議員からも苦言を呈される有様でした。

小西洋之氏「サル」「蛮族」発言、党内外で波紋 本人はNHKに矛先…「あらゆる手段で報道姿勢の改善求めたい」「集団訴訟も検討」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e42061b107579cdf586a8b6fe47d331adede3d6

こうした相次ぐ批判を受けて、夕刻に小西ひろゆき議員は謝罪記者会見を開いたようですが、残念ながら謝罪というより釈明に近いものであると認識しています。

主義主張は自由でありますが、信頼関係もありますので、しかるべき対応があるまで立憲民主党との政策協調はいったんストップする旨を政調会長ラインと参院国対ラインでも正式に申し入れを致しました。

言うまでもなく憲法改正・憲法のあり方を巡っては議論するべき事項が山積しており、毎週議論しても時間が足りないくらいです。議論が弛緩しているとすれば、それは決めようとせずにダラダラやっているからです。

そこで日本維新の会は国民民主党・有志の会と連携して3党派で、緊急事態条項の一致点について正式に条文案を作成・発表いたしました。

“選挙困難な場合 国会議員任期を延長” 維新・国民など条文案
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230330/k10014024321000.html

>日本維新の会の馬場代表は、記者会見で「多くの政党が合意できそうな項目に絞っており、憲法改正の発議に向けて半歩前に進めたのではないか。憲法審査会を動かすエンジンの役割を担いたい」と述べました。

>また、国民民主党の玉木代表は「着実に議論を積み重ねたものを成案に結び付けていく段階にきており、野党が党派を超えて成案に至ったのは画期的だ。さらに広い合意形成に努力していきたい」と述べました。

各代表がコメントしている通り、党派を超えて成案に至ったのは画期的なことです。手前味噌ながら、停滞してきた改憲議論を前に進めるエンジン・きっかけになるものと自負しています。

また3党派の協議・連携はこれで終了ではなく、なお残る憲法裁判所の設置等についても、今国会中を目処に条文化を目指すことで合意しました。

言うべきことは言いながら、雑音に惑わされることなく、建設的に憲法議論を前に進めてまいります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 39歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ