東京から、あたらしくしよう

「第三極」の巨星、引退へ。みんなの党と渡辺喜美氏への謝辞

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

いよいよ明日22日から参院選がスタートいたしますが、去就が注目されていた渡辺喜美議員は不出馬・政界引退を表明されました。

渡辺喜美参院議員が政界引退を表明 「第3極を作る目論みは終了」
https://www.asahi.com/articles/ASQ6P4JMXQ6PUTIL00P.html

維新から禍根を残してしまう形で去り、最後は残念ながら国会内においても影響力が低下されていたことは残念ですが、「引退」となると胸に込み上げてくる様々な想いがあります。

まずは長きに渡る「第三極」を立ち上げる闘い、本当にお疲れ様でした。

隠すまでもなく、私の政治キャリアのスタートは「みんなの党」です。当時、渡辺喜美さんが自民党を飛び出して作ったベンチャー政党。

そこには若く新進気鋭のメンバーが集まり、政治が変わる予感にワクワクしながら、その門戸を叩いたことを昨日のことのように覚えています。

「政治をあきらめないでください!」

と熱弁を振るう姿。おそらくご自身が何度も何度も、何度も政治を諦めそうになったからこそ説得力を持って放たれるその言葉に、心を突き動かされた人々は多いと思います。

解党時に書いた過去ブログ記事。

志半ばでの空中分解となりましたが、自民でも民主・共産でもない、「第三極」を作ろうとした方向性は今も間違っていないと思いますし、その一部はまさに日本維新の会に流れ伝わっていると思います。

渡辺喜美氏による「第三極」を作る冒険は終わっても、その想いは確実に次の世代に引き継がれていく。

あの当時、多大なるリスクをとって新たな政治軸を立ち上げようとしたことは、間違いなく近代政治史に残る大偉業でした。みんなの党と維新の合流が成っていればと、未だに思いを馳せずにはいられません。

人は変われど、想いと政策は継承されていく。

私たちみんな党チルドレンは、「みんなの残党」などと自嘲気味に自称しながらも、様々な政党で、あるいは無所属で政界に根を張って活動を続けています。

新しい政治をつくる、その未来を信じて。渡辺喜美氏より受けた薫陶を胸に、私たちは独自の歩みを続けてまいります。

長い間、くそお世話になりました!!!
※漫画「ワンピース」サンジの台詞からのオマージュ

さあ、気を取り直して明日からは参院選、次なる闘いです。やるぞっ!

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ