東京から、あたらしくしよう

一部野党、内閣不信任案を提出へ。解散→衆参ダブル選挙になる覚悟はありや

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

内閣不信任案で野党の分断また浮き彫り…見せ場にしたい立憲・共産、冷ややか維新・国民
https://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/20220605-OYT1T50262/

先週まで今国会は内閣不信任案は出さない(出せない)のではないかという下馬評だったのですが、にわかに提出という動きが広がっています。

維新は従前より一部野党による不信任案提出には同調してきませんでしたが、今回は国民民主党の足並みも揃わず、主要政党では立憲・共産党の2党が中心となりそうです。

以前にもブログやYouTubeで述べてきた通り、国会終盤に一部野党が内閣不信任案を提出するのは政局的・パフォーマンス的な側面が強いことは否めないと思います。

不成立になるとしても、不信任案を提出すれば大きなニュースになりますし、長時間の賛成討論で言いたいことが言う「見せ場」が作れます。

しかしそのために費やされる労力は膨大なものがあり、不信任案提出となればすべての議事が止まり、深夜まで及ぶ本会議で担当官僚たちも多大なる残業を強いられるのが通例です。

果たしてそんな不信任案提出に意味があるのか、国民の信頼を得られるのか、改めて我が党としても考えて対応を決断したいと思います。

加えて(今回はないと個人的に思いますが)、不信任案を出すということは返す刀で衆議院を解散される可能性があるということです。

いまの野党に解散総選挙を戦う準備と覚悟があるのか。支持率最高潮の岸田内閣が解散に打って出れば、野党は壊滅的なダメージを受ける展開もありえます。

我が党は常在戦場で、パフォーマンスではなく政策実現に向けて「闘う準備」を進めてまいりたいと思います。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ