東京から、あたらしくしよう

過激化する「ルッキズム」議論。褒める「可愛い」「美しい」まで封じる過剰な言葉狩りには反対

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は半年間にわたって開講してきた「維新塾 in Tokyo」の最終講義。講師を務めた柳ヶ瀬さんに五輪雄(仮)も維新スピリッツを叩き込んでもらいました。

予定をはしごしていたら、講義には間に合わなかったんだけども!

吉村副代表は、昨日の神奈川・東京に続き本日は千葉・茨城へ。関東へも維新の理念・政策を広げるべく、それぞれの持場で力を尽くしていきます。

さて。選挙前でなんとしてもネタを探して政党・政治家批判をしたいというのはわかるんですけどもね。

通信社ともあろうメディアが、これはいくらなんでも揚げ足取りにもなっていないのではないでしょうか。

「かわいくて名前間違え」維新の馬場共同代表、女性候補に
https://nordot.app/905788101257871360?c=39546741839462401

色々な表現に厳しい世の中・時代になってきまして、これまでがゆるすぎたことを考えれば、外見や容姿に対するコメントは慎重になる必要があることは確かです。

しかしながら、誰かを貶めたり比較をしたりする文脈でなく、相手を褒める意図で「可愛い」「美しい」と発言することまで批判される風潮には私は違和感を覚えます。

それであれば「イケメン」「男前」など男性に対する表現も許されないということになりますし、そのような表現が次々に「言葉狩り」されている世の中は窮屈ではないでしょうか。

大事なのは「容姿や見た目で差別しない・されないこと」であって、政治家や著名人の言葉や表現を刈り取っていけば差別のない世の中ができるわけではありません

で、批判ありきで突っ込んでいくと、こういうブーメランになるわけですから…。

この点ではお互いに、寛容な社会と表現を目指していったほうが建設的ではないでしょうか。

政治家の一言一句までますます難しい世の中になってまいりましたが、しかるべき表現で伝えるべきことを伝えていくことを目指しつつ、活動を継続してまいります。

動画でもコメントしました。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ