東京から、あたらしくしよう

バイデン大統領、台湾有事への軍事的関与を約束。日本もあわせて防衛力の抜本強化を

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は虫のように作業に没頭していたので、世間の流れから完全に置いていかれました…。帰り道に重要ニュースにようやくキャッチアップ。

バイデン大統領の歴史的な訪日・共同会見では、台湾有事に関係して事前の想定より踏み込んだ発言がなされたことが注目されています。

>バイデン米大統領は23日午後、台湾有事が起きた場合に米国が軍事的に関与するかを問われ「はい(YES)。それが我々の約束だ」と発言した。東京・元赤坂の迎賓館で日米首脳会談後に岸田文雄首相と臨んだ共同記者会見で答えた。バイデン氏の発言は台湾防衛を曖昧にしてきた歴代政権の政策から踏み込む内容だ。
(上記記者会見記事より抜粋、強調筆者)

台湾有事に対して、アメリカ(バイデン大統領)が軍事的関与とコミットメントを約束。

直後にホワイトハウスが火消しのような発言に走っていることから、失言や「曖昧戦略」を指摘する声もありますが、そうした疑惑を呼ぶことも含めて中国への強い牽制となることは間違いありません。

アメリカが台湾有事や対中国について、関与を深める姿勢は中国の具体的脅威に晒されている我が国にとってプラスです。プラスですが、両手をあげて喜んでいるだけというわけにはいきません

アメリカが台湾有事など対中国への軍事行動にコミットメントする際には、日本も間違いなく当事者の一つになっています。その際に、十分な防衛力を発揮できるのかどうか。そのための法整備を含む戦略は万全か。

具体的な台湾有事への戦略・行動ガイドライン(法人救出を含む)策定については、我が党もかねてから政府にもとめてきたところでありますが、抜本的な対応力の強化、「積極防衛能力」の整備に向けて引き続き提案をしてまいります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ