東京から、あたらしくしよう

維新でも党内議連「メタバース・Web3.0議員連盟」が発足。NFTやブロックチェーンで与党に足りない提言を目指す

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

昨日の幹事長記者会見にて、維新の党内議連「メタバース・Web3.0議員連盟」が発足することが発表されました。

私は僭越ながら会長を務めさせていただきます。

おそらく国会質疑でもっとも早くNFT(ノンファンジブルトークン)などを取り上げてきた議員の一人が私で、当時は委員会室の雰囲気も「ぽかーん」という感じでした。

ところが昨年あたりから、与党・自民党内であれよあれよとブロックチェーン・NFT・Web3の議論が盛り上がり。

専門性を持つ弁護士たちによるドリームチームを結成した自民党が「ホワイトペーパー」を発表し、あれよあれよという間にお株を奪われてしまいました…ぐぬぬ。

●NFTホワイトペーパー(案)Web3.0時代を見据えたわが国のNFT戦略

まあ私も完全ど文系人材なので、そもそもテクノロジーの分野に必ずしも明るいというわけではないのですけども。。

断続的に暗号資産やブロックチェーン業界の皆さまと意見交換をしていると、自民党の提言は素晴らしい出来ではあるものの、まだニッチな部分も含めて消費者問題などで抜けている論点もありそうだとのこと。

維新も後発にはなりましたが、若手議員を中心にしっかりと研究・議論を重ねて、秋の臨時国会には具体的な提案を出せるように議連の活動を活性化していきたいと考えています。

参議院でも経済安保の法案審議が始まり、まだまだウクライナ情勢も予断を許さず、ロシアによる民間人虐殺の実態が明らかになりつつあります。

松井代表が夕刊紙の連載で、改めて我が党の立場を明確にし、それを要約したものを青柳代議士がツイートしてくれています。

維新の主張をしっかりとお伝えしながら、ロシアのよる侵略行為を一刻も早くストップするための経済制裁を後押しするとともに、我が国の防衛力の強化に資する政策提案を継続してまいります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ