東京から、あたらしくしよう

奇々怪々。暴走する衆院議長、それに議員辞職願を提出する山本太郎議員。選挙前の永田町は百鬼夜行

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

小選挙区「10増10減」 細田衆議院議長 “黙っていられない”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220409/k10013575041000.html

いわゆる「一票の格差」を是正するためにアダムス方式によって調整される議席数について、衆院議長が反対する発言を連発して大きな波紋を呼んでいます。

10増10減には私も思うところはあります。そもそも今の選挙制度を小手先でいじくり回すだけでいいのか、議席数を維持することが正しいのか等。

ただ、少なくとも細田氏は「衆議院議長」という立場です。議長は国会(院)を代表する立場として中立を貫き、政治的発言は慎むというのが憲政のセオリーとも言えます。

自らも賛成して導入された「アダムス方式」に、導入直前になって(主に自民党が強い地方部の議員が減らされるからと言って)ゴネて反対する、しかも議長ともあろう人間が…。

与野党を問わず反発が生まれるのは当然であり、与野党で協議している選挙制度改革の議論が停滞することも危惧されています。

そんな渦中の衆議院議長に対して、本日は山本太郎氏が辞職願を提出。

参院選での比例票&議席上積みのため、話題を一気に自分たちに引き寄せる選挙戦略。

政党や政治家たちが文字通り「命がけ」で「生き残り」をかける選挙前夜の様相となってきました。ことほど左様に今の選挙制度には色々な「抜け穴」があり、選挙制度には不断の改革が求められるゆえんでもあります。

堀江さんに激励のビンタをされているところでありますが(苦笑)、選挙に魔法の杖はなく、奇策に対して正攻法で弾き返すのもまた戦略。もちろん、戦術レベルの対策は縷縷講じていきつつ、

維新が「最最最最重要地区」と位置づける京都府選挙区でも本日、公認予定候補を発表。選りすぐりの候補者たちが増えてきました。

順風満帆なことばかりではありませんが、参院選に向けて政策と理念を全国各地でしっかりと訴え続けてまいります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ