東京から、あたらしくしよう

10年間、維新一筋。参院選東京選挙区に4児の母・改革のプロ「えびさわ由紀」を発表しました

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

本日、ついに我々日本維新の会も参院選東京選挙区の公認内定者(予定候補者)を発表いたしました。

えびさわ由紀さんは、現職の大阪市議会議員です。「なぜ大阪の人間が、東京都選挙区に??」と思われる方も多いかもしれません。

しかし実はえびさわ由紀さんは、もともとは東京維新の会所属。東京でも2度選挙に挑戦をして惜敗、諦めずに政治活動を継続し続けてきました。

3年前、大阪都構想を実現するために、馬場幹事長(当時)や吉村府知事から白羽の矢を立てられて大阪の選挙区へ。市議会で過半数を獲得するために、極めて厳しい選挙区を勝ち抜き…。

ただ、大阪都構想が成立すれば、市議会議員はその身分を失う運命。

維新の改革の一丁目一番地「大阪都構想」を実現するために市議会議員を目指したゆえ、もとより長く続けるつもりではなかったそうです。

残念ながら都構想は否決され、今後の活動を模索していたえびさわ由紀さんに、古巣である東京維新の会・柳ケ瀬代表から声がけをさせていただいたという経緯です。

大阪に「単身赴任」していた間も、家族が暮らしていた住まいは東京都江東区(ご近所!)。かつて二度挑戦した地元から、今回は満を持して国政を目指す闘いが始まります。

政治キャリアは私とほぼ同じ約10年間。実は私ともけっこう長い付き合いで、お互いステップファミリー同士という繋がりもあり、7年前にはこんなネット番組で共演しておりました。

2013年の都議選から紆余曲折あり、私は約10年間で政党が5(以下略)

一方で出る選挙区や地域は異なっても、ずっと「維新一筋」であったえびさわ由紀さん。誰もが認める維新スピリッツの持ち主であり、柳ケ瀬議員が記者会見で述べていたように「最高の選択ができた」と思います。

3年前は外様の私が出てきたことで紛糾した東京維新内も(笑)、今回は誰からも反対意見が出ることなく満場一致で議席獲得を目指していくことを機関決定。

大阪の改革を実現してきた改革の闘志として、4児の母・子育て当事者としての政策実現を目指して。

日本一の激戦区、当然に楽な闘いではありませんが、維新一丸となって戦い抜いてまいります。

YouTubeで早速インタビューしました。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ