東京から、あたらしくしよう

2025年大阪関西万博、ロシアは参加表明済でウクライナは検討中。ウクライナ参加のため全力支援を

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

本日も予定が盛り沢山な一日でしたが、夕方からはインターネット誹謗中傷対策PTの勉強会を行いました。

前回木村響子さんや弁護団から当事者としての意見を伺ったのに続き、今回は「ネット炎上の研究」で有名な山口真一先生より、炎上のメカニズムや「表現の自由」との兼ね合いについて貴重なアドバイスをいただくことができました。

「炎上」については実体験も含めて相当に詳しいと自負しておりますが(苦笑)、改めて学術的な分析を聞くと学びが多いものです。

奇しくも同日、立憲さんもSNS誹謗中傷対策の勉強会をやっていたようです。講師は…そうか、そちらに行くのかという感じですが。

政府からも侮辱罪の厳罰化法案が出される見込みとなっており、各党派で取り組みが続くSNS・ネット誹謗中傷対策。今国会中の議員立法提出を目指して取りまとめを加速していきます。

さて、所属する外交防衛委員会では万博法案について質疑がありました。

現在、吉村府知事・松井市長らもドバイへと視察と各国交渉に行っている万国博覧会、参加国を集める交渉は佳境に入っています。

現時点での参加表明国にロシアはあるものの、ウクライナはまだ「検討中」という状態。

これはロシアによる武力侵略が起こる前から変わっていないステイタスとのことですが、こうした状況になったわけですから、ロシアの参加については再考し、ウクライナの参加については全力で復興支援をして実現する必要があります

こうした点を外務大臣に問うたところ、前向きな答弁がありました。

ウクライナの支援のためにできることを、あらゆる機会をとらまえて今後も提案していきたいと思います。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ