東京から、あたらしくしよう

自民党内「菅総理では闘えない」野党議員「菅総理、がんばれ!」倒錯した状態で、総裁選は中盤戦へ

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

永田町界隈の話題はすっかり総裁選一色ですが、自民党政治の恐ろしさ(?)を感じる展開となっているようです。

早々に下村議員の出馬を封じ込め、岸田議員が「二階外し」を公言したかと思いきや、返す刀で人事改造に着手…。

さすが現職、このまま菅総理ペースで進むかと思いきや。

元々神奈川県連は一枚岩ではないとはいえ、これはなかなかインパクトのある動き…。

菅総理が目論んだ総裁選前の人事・内閣改造についても、

「大派閥が人を出さなかったため、小規模なものに留まる」

との噂がしきりに流れ、各派閥も態度保留を続けるなど、総裁選レースはまったく余談を許さない展開になっています。

自民党内では若手を中心に

「菅総理のままでは選挙戦を闘えない」

という声が上がる一方で、野党議員からは

「菅総理、がんばれ!(菅総理の方が選挙に弱そうだから)」

というエールが聞こえてくる状態で、なんだかそれがすべてを象徴している気がするのですが…。

ただ相手が誰になるにしても、自分たちの政策を訴えて論争を挑むことに変わりはありません。

維新 知事が入院患者受け入れ命令できるよう法改正求める方針
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210903/k10013240051000.html

>日本維新の会は、改正の議論を急ぐため、政府・与党に臨時国会の召集を働きかけていくことにしています。

単に政府の揚げ足取り・自分たちのPRに勤しむ一部野党たちに同調はしませんが、我々も早期の臨時国会の召集を引き続き強く求めてまいります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ