東京から、あたらしくしよう

一年前、菅総理の人気は絶頂だった。あえて困難な「仕事」を選んだ、菅総理に感謝と敬意を

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は菅総理の電撃的な総裁選不出馬宣言(事実上の総理辞任)、その後の総裁選を巡る目まぐるしい情報戦でもちきりとなった1日でした。

コロナに立ち向かった1年間、誰が総理をやっても極めて難しい舵取りであることは明白でした。

その中で全力で職責を果たされた菅総理に、私からも僭越ながら、心からお疲れ様でしたと申し上げたいと思います。

1年前のちょうど今頃、菅総理の人気は絶頂でした。

「叩き上げ宰相」として注目を集め、若手議員を中心に党内からも解散総選挙を望む声は噴出していたはずです。

しかしそこで、あえて菅総理は「仕事」をする道を選んだ。

それが結果としては、ご自身の政権の寿命を極端に縮めてしまったわけですが。。

(もう皆さんお忘れかもしれませんが)タブー視されてきた「学術会議」に果敢に切り込む姿勢など、無派閥で叩き上げの菅総理はまさに「改革の申し子」となれる可能性を秘めた宰相だったと思います。

歴史にifがあるならば、コロナ禍という危機ではない時の政権運営が見たかった。そんな詮無いことを思わずにはいられません。

開始後の爆速ワクチン接種やデジタル庁の創設など、菅総理・内閣でなければできなかったことが沢山あったと思います。

改めて、1年間の尽力に心からの感謝と敬意を表します。

一方で、社会保障改革や経済対策は不十分で、ぶち上げた脱炭素社会・エネルギー政策も不透明なまま。ここは古き自民党政治の限界です。

河野太郎大臣を始めとするビッグネームの参戦で、一躍自民党総裁選に注目が集まったことで、野党としては選挙戦を闘いづらくなったことは間違いありません。

ですが、相手が誰であっても政策論争を愚直に挑み、自民党に代わる新たな選択肢を示して行くのみです。

総裁選、どうなるでしょうか。河野太郎さんが相当有利そうですが、どうかな。

俗っぽい話は動画でコメントしました。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ