東京から、あたらしくしよう

不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

コロナ陽性者数が予想以上のスピードで増え続ける中、小池百合子知事が不気味に沈黙を守っています。

いや、まったく何も発信されていないわけではありませんが、第四波までの事あるごとに緊急記者会見を行ったり、官邸に要望に行っていた姿から考えれば雲泥の差ではないでしょうか。

東京都から発信されるメッセージが、危機から「安全」よりに変質しているのも不可解です。

小池知事の側近からも声が上がる異常事態。一体、何が起きているのでしょうか?

小池知事の意図することを推し量るのは困難ですが、オリパラと選挙が知事の行動変容に影響していることは間違いないと思います。

オリパラはシンプルに、開催都市の長として、始まった以上は終わるまで事を荒立てたくない。

打てる手が明確にない中で、これまでのようにパフォーマンスをして「悪目立ち」もしたくない。

そして選挙。

都議選の大勝と自身の体調・年齢を考えて、秋の衆院選での勝負を小池知事が選択肢として考えないはずはありません

そのために、ここでは敢えて知事として目立つより(コロナ対策で中心にいればいるほど、知事を辞任はしづらくなる)、失点をせず菅総理・政府与党に責任を押し付ける戦術を選んでいるように思えます。

言うまでもありませんが、仮にこのような自己保身・権謀術数で東京都知事の動きが鈍くなっているのだとすれば、看過できるものではありません。

今こそ小池知事はその発信力を活かして、東京都へのワクチン集中投下や追加経済対策などを国に強く求めるべきではないでしょうか。

職域接種でも、企業によってダブつきなどの偏在が目立ってきています。

緊急事態宣言の単なる拡大や継続に意味がないことは明らかであり、感染拡大地域への集中的な対策を強く求め、提案してまいります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ