ひらけ、東京!!

明石市長の暴言報道、その真意は?権益に直結する首長選挙の壮絶さ

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

明石市長・泉房穂氏の「暴言」が大きく報じられました。

【速報】明石市長が「燃やしてしまえ」発言で謝罪会見「許されない発言だと深く反省」(FNN
https://www.fnn.jp/posts/00410790CX

過去ブログ等にある通り、私は手話言語コミュニケーション条例やひとり親支援など、多数の政策を視察するため明石市を度々訪れており、泉市長とも様々なイベントで同席しています。

その実績や熱い人柄については尊敬する部分も多く、私の考察には手心と申しますか、バイアスがかかっていることを率直に認めます。

こちらでTweetした通り、泉市長の発言が不適切であったことは間違いありません。一方で、発言を最後まですべて見ると、市長がなぜ激昂したのかの背景・理由も見えてきます。

ほんまに何のためにやっとる工事や、安全対策でしょ。あっこの角で人が巻き込まれて死んだわけでしょ。だから拡幅するんでしょ。(担当者)2人が行って難しければ、私が行きますけど。私が行って土下座でもしますわ。市民の安全のためやろ、腹立ってんのわ。何を仕事してんねん。

しんどい仕事やから尊い、相手がややこしいから美しいんですよ。後回しにしてどないすんねん、一番しんどい仕事からせえよ。市民の安全のためやないか。言いたいのはそれや。そのためにしんどい仕事するんや、役所は。
神戸新聞記事より抜粋)

もちろん、想いが純粋だったから、目的が崇高だからといってパワハラや威圧が許されるものではありません。橋下徹氏のような考えがあるのももっともだと思います。

4月にはすでに泉市長も再出馬を明言している、明石市長選挙が行われます。

私としては泉市長には、極めて不適切であった発言を猛省・減俸などの処分を甘受した上で、明石市民による審判を受けて欲しいなと思う次第です。

それにしても…2017年のやり取りが、市長選挙まで3ヶ月を切ったこのタイミングで報じられるという奇っ怪な事態。

政界関係者や選挙経験者の多くは、

「選挙で一番壮絶なのは、地方自治体の首長選挙」

だと口を揃えて言います。もちろん国政選挙も激しいものがありますが、首長の権限は地域の公共事業などいわゆる「利権」に直結するものが極めて多く、直接的な利害対立が生まれるからです。

都市部では少なくなってきてはいるものの、地方では公職選挙法上グレーな行いが蔓延しているケースがあるとも仄聞しますし、怪文書やスキャンダルが飛び交うなど、まさに「血で血を洗う争い」を地で行く様相を呈しています。

私がいまパッと思いつく限りでも、選挙の直前に現職市長のスキャンダルが週刊誌などに掲載された事案が複数ありました。

市長としての資質が問われるケースもあれば、「それってこのタイミングで報じることなの…?」というゴシップまがいの内容もあります。

何をもって政治家を選ぶのかというのは、有権者に委ねられるものではありますけども、そうした権力闘争とは別のところで、本質的な政策論争が深まることを願うばかりです。

それでは、また明日。

オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 35歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ