ひらけ、東京!!

行政?東京都?の数字意識について思うコト

都議会の話

民間企業に勤めていた時代は
営業やらマーケティングやらに従事していた私ですが、
やはりビジネスにおいて一番重要なのは「数字」です。

人材について他人と情報共有するときも、

「彼はリーダーシップがあって責任感もあります。
 このエリアの次期マネージャーにふさわしい人材です」

とか言われてもまったく判断できませんが、

「彼は入社◯年目、営業経験は×年です。
 昨年度の営業実績は××万円で、マネージャーとして期待できます」

と説明されればある程度納得できます。
なぜなら、数字というのは誰にとっても平等な
「客観的な指標」だからです。

なぜいきなりこんな話をしたかと申しますと、
行政の方とやり取りをしていると、どうも民間に比べて
数字に対する意識が欠けていることが多いように感じるからです。

もちろん、すべての局や職員さんがそういうわけではありませんが、
決算についての打ち合わせなのに数字を持ってこなかったり…。
また例えば、ある日には施策について

「啓発のため、リーフレットを◯◯万枚作って配布しています」

と説明されたのですが、

「その制作枚数の根拠はなんですか?」
「昨年に比べてどれくらい増えたのですか?」
「現在の消化率はどの程度で、目標に比べて進捗率はいかがですか?」

ということを聞いても、担当者が
数字を把握していないこともありました。
また別の施策については、

「施策の効果測定のため啓発も兼ねて、
 5年に一度事業者アンケートを実施しています」

というので、おおそれは素晴らしい、
ではなぜ毎年やらないのですか?と伺ってみたところ、

「毎年とっても、あまり数字が変わらないので…

と言われてひっくり返ったことがあります。
それ、発想がまるで違う方向になってません?!
目に見える成果を出すために、どうすればいいか考えるのが筋ではないかと…

都議会では、執行機関になんらかの質問をすると
担当の方がとにかく直接来て色々と説明してくれるのですが、
周りくどい説明より数字だけズバっと欲しくなる時が多々あります。

議員と執行機関のやり取りにメール文化が発達していないのは、
実は数字のやり取りをする習慣がないからではないかと睨んでいます。
(考えすぎかしらん)

以上は私の個人的な実感でありまして、
もちろん部局によっては鬼のように細かい数字を
取り扱っている方々もいるかと思いますが、

そんなことを考えながら、決算審議と闘う毎日でございました。
それでは明日の原稿の詰めに戻ります。どろん。

私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

贖罪
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 35歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ