もっと、新しい日本をつくろう

京都市中京区でも補欠選挙がまもなくスタート!維新の「北浦ひろみ」にご注目を

日々のこと

東京都知事選挙がスタートし、選挙に絡んでいない政党は政治活動が原則として一切できなくなるので、京都市議補選の応援に向かいました。

昨年4月に当選した我が党の議員が体調悪化によって議員辞職することになり、欠員に伴う補欠選挙です。身体のこととはいえ、維新の議員が任期をまっとうできなかったことは申し訳ありません。

挑戦するのは「北浦ひろみ」市政対策委員。

43歳・3児の母で、元シングルマザー。自らの出産・子育て体験を活かして、

「15年ぶりに出産した時、子育てグッズはすごく進化していて驚いたけれど、行政のサポートは何も変わっていなかった。出産・育児をする人たちが取り残されない京都姿勢をつくりたい」

と訴える演説は胸を打ちます。初めての政治活動とは思えない演説力…!

補欠選挙なので定数は1。自民党や共産党などの候補者が立候補見込みとなる厳しい闘い。

ぜひとも京都市中京区の皆さまは「北浦ひろみ」にご注目を宜しくお願いいたします🎤

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

おときた駿
参議院議員(東京都選挙区) 40歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
Instagram @otokitashun

ページトップへ