東京から、あたらしくしよう

ウクライナへ日本製ピックアップトラック等を独自支援。日本政府が消極的ならば、維新がやる。

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

日本維新の会はウクライナへの追加支援として、独自に日本製ピックアップトラック20台、コンテナ1台分の食料品(缶詰)を送ることを発表いたしました。

維新、ウクライナにトラック20台支援
https://news.yahoo.co.jp/articles/40212c90d13df06e9b104a7c5101ca91eeaa56c9

武器などの輸出には制限があるとはいえ、民生品であれば日本にも具体的にもっともっとできる支援があるはずです。これまで私も、日本製の地雷撤去車など目に見える形で直接支援を行うべきと提言をしてきました。

しかしながら、日本政府の基本姿勢は金銭による支援。もちろんそれも重要で使い勝手が良い面があるものの、一方で具体的な支援を現地に届けることもウクライナが切実に望んでいることの一つです。

本来は日本政府がやるべきことを、まずは維新ができる規模から率先して行う。猪瀬直樹参院幹事長が発案し、浅田参院会長の陣頭指揮の下、馬場代表の理解もいただき昨年よりプロジェクトが水面下でスタート。

なにせ直接ウクライナに空輸するということは不可能ですから、まずはルート選定から。海運でポーランドに運び、陸路で突っ切ってウクライナへ…

ポーランドに陸揚げし、税関を通ることはできるのか?
海外にトラックを送ることにどんな制限が?
ウクライナ側の受け入れ体制は?

など、まさに手探り状態。

途中から元商社マンでこうした手続に詳しい松田りゅうすけ都議会議員にもチームに参加。

外務省やウクライナ・ポーランド大使館との打ち合わせ、現地NGOからの聞き取りなど、多くの調整を経てなんとか実現にまでこぎ着けました。

21日(祝)に、ウクライナの全権特命大使を招いての贈呈式を行う予定です。現地に届くのはだいたい2ヶ月後となりますが、プロジェクトの完遂までしっかりと伴走していきます。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 39歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ