東京から、あたらしくしよう

立憲・泉健太代表がフルボッコ…乃木神社を参拝したら「軍人を神と崇める行為」「軍国主義者」なのか?

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

なにやら仕事初め早々に、立憲民主党・泉健太代表の方面から火の手が上がっていました。

きっかけはこちらの、年明けの瞬間を地元の「乃木神社」で過ごした(参拝や挨拶をした)ことを泉代表がTweetしたところ、

いまやジャパニーズ・リベラルの理論的主柱(?)となった前川喜平氏が

「明治天皇に殉死した長州閥の軍人を神と崇める行為。無自覚なのか意図的なのか知らないが、これにより失う支持者は、得られる支持者より多いだろう。」

と公然と批判したことで、泉健太代表に一部の急進的な左派・リベラル系の支援者から批判が盛大に集まっているわけですね。

安全保障政策や泉代表のギャグセンスには苦言を呈しましたが、本件については泉健太代表が正しいというか、率直に同情するし共感もします

前川喜平氏に反論されているように、武人や軍人を祭神にしている神社は全国に無数にあって、それは慣習としてすでに地域に溶け込み、地元の人々に愛される憩いの場になっていることがほとんどでしょう。

靖国神社レベルになると政治的な意味合いを持ってくるのはある程度仕方のないことかもしれませんが、そうした地域の神社に地元の政治家として参拝する・年始の挨拶に行くということは、なんらおかしなことではありません

むしろ「軍人を祀っているからあの神社には近づきません」などといったら、地域の人たちから変な目で見られ、総スカンをくらうのが実情ではないでしょうか。

個人的な感覚でいえば、「乃木坂が大好きで、乃木坂にマンション借りて住んでます!」あるいは「アイドルは乃木坂46が好きです!」という人に「乃木大将由来の名称を冠するものを好むなんて、軍国主義者と言われても仕方ない」と言っているのと同じレベルです。

「いやいや祭神として祀っている神社と地名やグループ名称は訳が違うだろう」

と思われる方も当然いると思いますけど、地域の神社はその由来を知らず(あるいは気にせず)参拝している方が大半なわけで、ましてや政治思想と無理やり結びつけるのはそれくらいイレギュラーなことだと私は思います(これは個人の感想です)。

なので、泉健太さんの怒りのTweetはもっともです。

もっともなんですが、このTweetにも一部支援者からの批判が殺到しており、左傾化した野党第一党の舵取りは本当に大変だなと思わざるを得ません…お疲れ様です。。

こうした表面的なことですぐに「炎上」するのも、SNS時代の苦労の一つかもしれませんが、大事なことは本質的な中身の政策論。

むしろ立憲民主党については、憲法議論を回避する姿勢や、安全保障政策において玉虫色の結論から脱出できないことこそが本質です。

是々非々の立場で、今国会の野党第一党に対応していきますし、有権者の皆様にも本質的なところで様々なご意見をいただければ幸いです。

動画でもコメントしました。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 39歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ