東京から、あたらしくしよう

「地方議員政策コンテスト」受賞者も決定。政策力をボトムアップし、地方からの実現を目指します

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

国会が閉会したらあれをやろう、これをやろうと考えていたのに、結局なかなかまとまった時間が取れない今日このごろですが。

新体制になった政調会として始めた新たな取組をいくつかご紹介します。

まず、国会中に国会議員団として取り組んだ具体的な活動内容を、できるかぎり可視化してわかりやすくまとめました。

公式HPがスマホ対応になっていなくて見づらいのは…修正リクエスト中であります。。

確かに報道は旧統一教会問題・被害者救済法案が中心となった国会でしたが、経済対策や外交安全保障、行政改革などでも維新としてしっかりプレゼンス(存在価値)を発揮していたことがおわかりいただける、はずです。

そして党全体の政策力底上げのため今年から始めた「地方議員政策コンテスト」の結果を発表。1件も応募がこなかったらどうしよう…とビクビクしていましたが、15件の政策応募がありました。

【審査委員】
原英史 ㈱政策工房代表取締役社長
浅田均 参議院議員・党政調会顧問
藤田あきら 大阪市議会議員・党政調会長代行
音喜多駿 参議院議員・党政調会長

4名で厳正な審査をさせていただき最優秀賞・優秀賞の4本を選出。おめでとうございます!

ただこれで終わりではなく、調査研究のサポート費用を活用してさらに具体的な政策提案および実現につなげていくところまでが本企画のミッション。

来年もこの政策コンテストは継続していきたいので、受賞者の皆様にはきっちりとした成果を期待し、また党政調会としてもバックアップしていきます。

今年から始まったこれらの新たな取組は、どんどんバージョンアップさせていきたいと考えています。

特に地方議員政策コンテストは、来年は二次選考(プレゼンテーション)を加えることなども検討していきたい次第です。

引き続き、シン・政調会の活動にぜひともご注目くださいませ。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 39歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ