東京から、あたらしくしよう

規制の「1増2減」を政府・官僚側に義務づけよ!いわゆる2:1ルール法案、ついに国会提出へ

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

本日の参議院本会議にて、補正予算案が賛成多数により成立しました(維新は反対)。残念ですが、今後も適切や予算執行を求めて提言を続けてまいります。

2022年12月2日(金)【規制の新設等に際し規制の総量の削減の実施を確保する制度の導入に関する法律案】提出のお知らせ
https://o-ishin.jp/news/2022/12/02/13421.html

そんな国会も最終盤戦となりましたが、参議院にいわゆる「2:1ルール」法案を維新単独で議員立法として提出いたしました。

ルール・規制というのは放っておいたら増え続け、ルール・規制が増えるほど仕事や人員が増える官僚組織は喜んで自己増殖を繰り返し、政府の規模は拡大しがちになるもの。

また政治家の側から規制を一つ一つなくそうとして、官僚側や族議員の抵抗にあって時間がかかるし、かつて失敗した「事業仕分け」のようになるので、現実的ではありません。

そこで、「官僚側に自発的に規制を廃止するインセンティブを与える」というのが本法案の最大のポイント。

規制を増やすのが官僚であれば、規制にもっとも詳しいのもまた官僚サイド。時代に合わせて規制・ルールが新設されるのはやむを得ないとして、その場合、時代遅れになった古い規制を2つ減らすことを根底ルールとして課す。

いわば「規制の1増2減」を義務付ける法律となっています。

2年ほど前から勉強・研究を始め、やながせ議員を中心に立法に取り組んできた苦心の策。アメリカに前例があるとはいえ、そもそも「規制」の概念すら定まっていない日本にどう当てはめるかなど、制度設計においては様々な議論がありましたが。

新体制になって党内議論も改めて加速。法案が完成し、提出できる運びとなりました。

あくまで法案提出は第一歩。

規制改革政党である維新を象徴する法案として審議入りを求め、また世論を喚起して規制改革の突破口とするべく邁進をしてまいります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 39歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ