東京から、あたらしくしよう

Z世代からの政策提案を受ける一方、国会の予算委員会での注目は相変わらず…

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

本日夕方はPoliPoli主催のPolicy Pitchイベントに審査員として参加。

Z世代の皆さまが、わずか3.5分にプレゼンを詰め込むという過酷な内容でしたが(笑)、どれもよく考えられている政策提案ばかりでびっくりしました。

とりわけ、

環境問題解決のために農地活用、そのためには大企業による農地保有の規制緩和を

という政策提案が非常に興味深かったので、この点は調べてまた改めて情報発信したいと考えています。

与野党を超えて参加した議員の皆さまや有識者と力を合わせて、若い世代の声を一つでも形にしていきたい次第です。

なんか、ルイージおったけど。。

国会日程としては、本日から衆議院予算委員会が開幕。初日は与党と立憲民主党の質疑でした。

また内容の分析をしつつ、週明けの維新質疑に備えるわけですが、立憲の役割分担とその結果のメディア露出が印象的でした。

旧統一教会問題や大臣の不祥事追及は他の議員に任せ、泉代表は骨太な経済対策などについて質疑。

結果、予想通りではありましたが、泉代表の質疑内容はあまりメディアで報じられないという…。

秋葉復興相への追及など、わかりやすく見栄えのする方がどうしてもテレビ受けが良いのでそちらが報道され、政治家・政党もまた露出を求めてキャッチーな話題に飛びつく。

この循環をどこかで断ち切らねばという思いと、話題性と質実剛健な質疑を組み合わせるバランス感覚も重要だなと改めて。

週末に色々と頭を捻り、衆参の予算委員会に臨んでまいりたいと思います。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 39歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ