東京から、あたらしくしよう

私には関係ないな…そう思っているところから、「表現の自由」への侵食は始まっていく【コミケ演説・AV新法】

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

本日から2日間のコミケ(コミックマーケット)がスタートしました。無事に開催できたことは本当に嬉しく、尽力された関係各所の皆さまに心より感謝を申し上げます。

午後から私も松本ときひろ区議のブースにて売り子として参加。沢山の方にお買い上げいただくことができました。

本当は前回宣言したように、自分でもブースを出したかったのですが…今回は参院選があったためまったく余力がなくお手伝い役に。。

なんとか近いうちにオリジナルの表現の自由冊子を作成し、いずれコミケに出展したいと企んでおりますので、皆さまその際はぜひ宜しくお願い致します^^

コミケ会場に入る前には、本日台風で形を変えての開催となった恒例のAFEE主催の超党派コミケ街宣にて少しだけ演説をさせていただきました。本チャンは明日14日。

あえて取り上げさせてもらったのは、いわゆる「AV新法」について。被害者救済は重要なことなれど、過度な規制によって業界が悲鳴をあげている状況は、適切な形で改善していかなければなりません。

以前にもブログで取り上げたように、これは「表現の自由」にも関わる問題です。AVという存在・表現そのものに反対し、これを契機として規制しようと考える政治家・議員は決して少なくないからです。

コミケは二次元創作が中心のイベントですから、アダルトビデオについては「あまり興味がないな」「私たちには関係ないな」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかしこういうところから始まる表現規制が、政治家や権力者が「不快だ・不適切な表現だ」と思うものを排除していくことが、次にマンガ・アニメ・ゲームといったものにも忍び寄ってきます

だからこそ、表現規制につながるようなルールを策定する行為には、自由を守るために闘わなければならない。自由は常に権力者によって脅かされる危険性を孕んでいる。

そんなお話をさせていただきました。

明日14日は14時頃より、多士済々な維新メンバーで表現の自由についてそれぞれの立場から訴えます。ぜひ、ご注目いただければ幸いです。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 39歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ