東京から、あたらしくしよう

党改革プロジェクトチームは一区切り。代表選について、いま言えることを少しだけ。

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

昨年の新執行部発足に伴って結成された「党改革プロジェクトチーム」。参院選も終わり、来月には新代表が選出されるということで、このメンバーでの活動は本日でいったんの区切りとなりました。

中期経営計画を策定し、まだまだ改善の余地はありながら、政策立案や広報面についても大幅にアップデート。今後のパワハラ窓口の設置や党内DX化(公認手続きのオンライン化等)にも概ねの道筋をつけることができました。

まだまだやれること・やるべきことは盛りだくさん。

最高のチームで仕事をできたことを誇りに、来月からの新体制後を見据えてしっかりと知見の引き継ぎなどを行っていきます。

さて、維新・代表選が白熱(?)をしてまいりまして。今日は沢山の方からご心配や激励、あるいは問い合わせの連絡をいただきました。

「ままごとやってるんじゃない」 日本維新の会・松井代表が所属議員に苦言
https://news.yahoo.co.jp/articles/c429f8c4c8874e6df7526b86f40ac30ea1ec694d
日本維新代表選は「血みどろの争いをやれ」大阪・松井市長会見7月28日(全文2)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c2f52211d12130fec1d051f59a586d4506132b35

ネット上では誰々がどの議員を推している、あいつは票の取りまとめに動いている等など、様々な情報が実しやかに噂されていますが。

いま言える範囲でお伝えできることがあるとすれば、ネットなどで流れている(あるいは誰かが敢えて流している)情報に正しいものはほとんどないということでしょうか。

代表選に向けての動きが本格化するのは、臨時党大会が行われる明後日30日以降。これから腰を上げて動き出すという方もいるでしょう。

強気に言えば「お楽しみはこれからだ!」というところで、選挙のプロセスにおいてご心配をおかけすることがあっても、

「維新らしい初めての代表選挙だったね」
「建設的な論戦が見れた」

と言っていただける代表選が行われるように、私自身も全身全霊を賭けていきたいと思います。

なお、私自身の去就・誰を応援するかはまったくの未定です。本当に!

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ