東京から、あたらしくしよう

驕れる者は久しからず。民主主義の根幹すらわからなくなった、自民党一強政治を砕け

日々のこと

長かった選挙戦も終わりが見えてきて、いよいよ最終週となりました。

本日は藤田文武幹事長が半日間、えびさわ由紀陣営で活動。桃太郎(練り歩き遊説)から街宣車でのカラス・声出し・手振りまでフル回転でした。

今日も藤田文武幹事長の演説で足を止める聴衆が多く、確実に「流れ」がきていることを感じます。

ぶち抜くぞ!!

街頭で訴えていることの一つは、やはり「自民党一強政治」の弊害。

それを象徴するような発言が、昨日は大きく報じられました。

山際担当相、「野党の話は聞かず」 発言に反発相次ぐ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022070300222&g=pol

山際大志郎経済再生担当相は3日、青森県八戸市で街頭演説した際、「野党の人から来る話はわれわれ政府は何一つ聞かない。本当に生活を良くしたいと思うなら、自民党、与党の政治家を議員にしなくてはいけない」と述べた。

どストレートに驕り高ぶった発言で、最初にニュースを見たときは目を疑いました。しかし、実際に言っていたようです。

現職の大臣が、「野党の言うことは何一つ聞かない」と断言する…。

言うまでもなく民主主義において重要なことは少数意見の尊重であり、良いことであれば与党であれ野党であれ取り入れて実行していくのが行政府のあるべき姿です。

そんな当たり前のことすらわからなくなってしまうほど、自民党は強すぎて慢心し、傲慢になってしまったのでしょう。

今回の参院選は、政権選択選挙ではありません。しかし、自民党を勝たせすぎるのと、彼らにプレッシャーを与える改革政党・維新を大きくしていただくのとでは、次の3年間の景色が大きく違ってきます。

一強政治による慢心と怠慢を許さないために、どうか皆さまの一票は日本維新の会に、維新の候補者たちに託してください。

明日もえびさわ由紀候補とともに、町田・多摩からスタートして東へと駆け上ります!

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ