東京から、あたらしくしよう

参院選前ラストの全国政調会長会議(党政調会)。一任を受け、マニフェスト策定は佳境へ

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

本日はおそらく参院選前はラストになるであろう全国政調会長会議(党政調会)が行われました。

ネット公開されている前半はインターネット誹謗中傷対策法案などについての勉強会・情報共有、そして後半は非公開で参院選マニフェストに関する最終討議。

全国の総支部や地方議員団からも提案を幅広く集めてまとめ上げてきた「維新八策2022」は、昨年度版から新規項目で50以上を追加、アップデートを含めると約170箇所がブラッシュアップされ、400を超える政策が並ぶものになりました。

私から30分ほどで素案を説明し、最後は「政調会長一任」を求める決議に「異議なし!」の声が響き渡ったとき、肩の荷が一気に降りたようで身体が震えました。

選挙が終わった後にまた振り返りはやりたいと思いますが、昨日も「他所様も大変だなあ」と思うニュースが流れていました。

政治家の責務は政策実現だとすれば、まさに政策・公約は魂そのもの。議員それぞれに想いがあるからこそ白熱するし、わずかな文言にもこだわる人たちが沢山。

その最大公約数を求めて調整していく作業は、さながら精緻なガラス細工を創り上げていくようでもあります。ガラス細工、作ったことないけど…(不器用)(図工はだいたい2)

支援者の方が写真を加工してくださいました!笑

まずはここまでの策定を支えてくれた藤田あきら政調会長代行や浅田均顧問、そして各議員団・総支部の政調会長たちに心より感謝を。

ただ今日の素案で行くと確定したわけではなくて、あくまで議決されたのは「政調会長一任」。

ここから参院選が始まるまで、ファインチューニングについては全責任を背負って最高のマニフェストにすべく最後まで走りきりたいと思います。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ