東京から、あたらしくしよう

財務省「戦車よりジャベリンのほうがコスパ良い」で大炎上。費用対効果で割り切れない防衛費問題

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

財務省が「歳出改革部会」にて4月20日に提出・公開した資料が大きな反響(批判?)を呼んでいます。

防衛(財務省HPより)
https://twitter.com/rockfish31/status/1520422211667906560?s=20&t=ough4ioE_mKMZzo_VieXGg

特に物議を醸し出しているのが、17ページの部分。

「コスト面からみた非対称性」ということで、ミサイル防衛にかかる費用VS北朝鮮の弾道ミサイル一発あたりの単価や、戦車VSジャベリンの対比が並べられており、

「ミサイル防衛システムはコスパ悪い」
「戦車よりジャベリンで武装する方がコスパ良い」

と言わんばかりです(文脈から限りなくそう言っていると捉えて良いでしょう)。

最初にフォローをしておくと、財政の番人である財務省はある種の「コストカッター」ですから、こういうことを言うのが役割です。忠実にその役割を果たしていると言えます。

ただすでに有識者から総ツッコミが入っている通り、いくらなんでも今回は物事を単純化し過ぎであり、あまりに荒唐無稽な問題提起は財務省への信頼を失わせることになりかねません。

色々な観点から突っ込みはありますが、

・歩兵が多大なるリスクをとって使うジャベリンは「低コスト」と言えるのか(そもそもジャベリンが使える市街戦・ゲリラ戦の想定でいいのか…)
・核搭載の恐れがある北朝鮮のミサイルを「3億~10億」という値段で図ることは正しいのか

などなど、やはり防衛においてはとりわけ「費用対効果」「コストの対称性」などを算出することは困難であるといえます。

ただ繰り返しになりますが、荒唐無稽であっても(ちょっと今回は行き過ぎだと思いますけど)こうした問題提起をするのが「嫌われ者」である財務省の役割でもあり、最後に判断するのは予算と権力を与る政治家たちです。

この点は細野代議士が指摘をする通りであると思います。

限られた予算の中で、いかにして防衛に充てる予算を確保していくか。先延ばしは許されない分野です。

国会後半の重要テーマであり、GDP比で2%の予算確保に向けた道筋がつけられるよう、政府与党と正面から論戦を交わしてまいります。

動画でもコメントしました。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ