東京から、あたらしくしよう

見た目はほっこり、でも実は…子どもたちと同じ布団で寝ることの理想と現実【雑談】

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

今週末はセンター試験でしたね。痛ましい事件も起きてしまいましたが…被害に遭われた方の一日も早い回復と無事の再受験を心より祈念いたします。

今年はさすがに時間がなくてできそうもないですが…昨年はセンター試験の「政治経済」を実際に解いてみるという受験生応援企画をYouTubeでやっていました(笑)。

結果は…うん、まあ私、大学受験は世界史選択だったので!←

大学受験シーズンはまだまだ続きます。体調には気をつけて、頑張れ受験生!コロナに関連する課題については、少しでも解消できるよう働きかけてまいります。

さて、明日も早いので今日は雑談をば。

最近はなかなか家事育児に長時間コミットをできておらず…罪滅ぼしに夜泣きの対応などはコツコツとやっております。

帰ってくるとだいたい、妻が次女と長男に囲まれて寝ていて、光景としては大変ほっこりするんですが、見た目と違ってこれ大人は超しんどいんですよね。。

子どもたちと寝ることのここがイイ!

・愛を感じる
・冬はぬくい

×子どもたちと寝ることのここがダメ!

・寝返りが打てない
・頻繁に蹴られる
・狭い
・狭い
・つまり寝れない

という、寝床に求める最重要事項(睡眠)が満たされないという痛ましい事態に陥るわけであります。

一瞬だけ寝ているところを見ると、子どもたちはスヤスヤ寝ていて平和な感じなのですが。

子どもってめっちゃ頻繁に寝返りうつし、布団の逆サイドががら空きなのにくっついてくるし、赤ちゃんは当然夜泣きするし…とかなりのハードモード!

なんて愚痴をいいながらも、可愛い子どもたちに勝る宝はありません^^

慢性的な寝不足は続きながらも、明日からいよいよ通常国会が開会。眠気を吹き飛ばすくらいの熱い議論を展開していきたいと思いますので、皆さまもご注目を宜しくお願い致します!

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ