東京から、あたらしくしよう

大人になる日だけど、「大人」になってはいけない?!人生の先輩たちとの向き合い方

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

成人の日の本日、全国各地で成人式が行われました。昨年は無念の不開催を決断した自治体が多かった中、今年は開会・参加することができた皆さまに心よりお祝いを申し上げます。

私は町田市長選挙に維新公認で挑戦予定の「おくざわ高広」さんの事務所開きへ。

本人からは成人式の今日、「世代交代」と改革で20年後も希望あふれる日本を次世代へ引き継ぐ決意が述べられました。

さて、以下は毎年のように成人式になると書いていることですが(なので他意はありません)。

成人の日・成人式は大人になる儀式である一方、完全に「大人」になってはいけないといいますか。

「君たちには無限の可能性がある」
「これからは君たちの時代、若い力で変えて言って欲しい」

という綺麗なだけの政治家スピーチを聞いていると、時々イラッ☆とするんですよね(笑)。一方で、

「君たちはまだ若すぎる」
「もっと経験を積んでからにしたらどうだ」
「年長者の言うことは素直に聞いておきなさい」

と若者たちを潰してしまう人たちが、この世の中にはなんと多いことか。長幼の序はしっかりとわきまえて敬意を保ちつつも、若い世代の皆さまにはこういう抑圧と思いっきり闘って欲しいのです。

ただその時に、たった一人で声を上げて闘わざるを得ない状況になっているとすれば、それは単なる多分ワガママかやり方が間違っている可能性も高い。

抑圧と戦い抜くためには、少なくとも同世代や同属性の仲間には広く認められる必要があるでしょう。

そうした中でもちろん、人生の先輩も抑圧をする人たちばかりではありません。本当に後人の可能性を信じ、支え、後押しをしてくれる素晴らしい方々もたくさんいます。

そういう人たちに出会えるかどうかは…こればかりは運と縁、なんでしょうねえ。。

一つ言えることは、素晴らしい運と縁に巡り合う可能性を上げるために、色々なところに顔を出して出会いの数を増やすということは大事なんだと思います。

とりとめもない話になりましたが、新成人の皆さま、改めておめでとうございます!

人生はこれからまだまだ長い。もしいま、あまり上手く行ってないなあ…と思っている人がいても大丈夫。

私も学生時代はだいぶアレでコレないわくつきの人物でしたが(?!)、周囲にも恵まれてなんとかここまでやってこれました。

二十歳くらいの時の阿部司代議士と私。


人生は長距離マラソン。慌てず焦らず、しかし軽やかに駆け抜けていきましょう。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ