東京から、あたらしくしよう

電光石火の短期決戦。メリット・デメリットをはかりにかけて、岸田内閣は電撃戦を選んだ

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は臨時国会開会日にして、首班指名選挙が行われました。想定通り、岸田内閣が発足されまして。

午前と午後の本会議の間にソファーで仮眠を取っていたら、文字通り「寝耳に水」なニュースが飛び込んでくることになりました。

岸田首相 衆院解散14日 衆院選公示19日 投票31日 会見で表明
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211004/k10013291201000.html

誰もがもう「14日解散で、選挙のスタートは26日もしくは11月2日だ」と考えていたところで、まさかの1週間前倒し。

解散してからわずか5日後の、19日を公示日として衆議院解散総選挙が行われることになりました。

岸田内閣、なりふり構わず勝ちにきたな…と。

10月末のG20すら欠席して、この早期日程に賭けてきました。

岸田内閣・自民党側からすると、いま「ご祝儀相場」で上がっている支持率が下がらないうちに投開票日を迎えることが狙えます。

時間が経てば経つほどマスコミによる粗探しも始まりますし、国会質疑などでもボロが出てくるからです。

さらに小池新党やら上田新党やらと、準備をしている新党の出鼻をくじけるという効果も大きいでしょう。

逆にデメリットとしては、そんな↑の思惑があからさまな早期解散を断行したら、世論の反発を招くという点が挙げられます。

所信表明演説をして、国会質疑をして、さあじっくり各党の政策を見比べよう…と思ったら即解散では、有権者にとってもマイナスしかありません。

このようなメリット・デメリットを比べた上で、岸田内閣は反発を招いても支持率が高く、コロナが収まっている早期タイミングで選挙をやった方が良いと判断したのでしょう。

我々野党サイドにとっては腹立たしいことですし、そのやり方が国民にとって良いことだともまったく思いませんが、選挙戦略としてはアリですから、受けて立つほかありません。

チラシや特設ホームページなどの締切も、すべて1週間前倒しになって早くもてんやわんや…!

新党立ち上げ組の皆さまはもっと大変でしょうけども、周りの雑音にまどわされずやるべきことをやるのみです。

来週の代表質問の原稿準備もしながら(登壇するのは私ではありませんが!)、しっかりと決戦の準備を進めて参ります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ