東京から、あたらしくしよう

アンケートの嵐!選挙のときに、政党・議員団の政調会(政務調査会)は何をしているのか

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

近況としては、赤子が寝ない時の夜泣きがマジでエグい

「いや、そんなこと言ってもそれなりには寝れてるっしょ(笑)」

と思う方は、以下のアプリ(「授乳ノート」使用)の記録を見ていただきたい。

一晩中とは言わないまでも、分刻みの闘いが明け方まで続く。赤ちゃんによっては本当に一晩中闘っている人もいると聞きます。

全国の育児中の皆さま、お疲れ様です。「できて当たり前」「誰もがやっていることだから大丈夫」ではないこともありますよね。

ともに頑張りましょう!!(YouTube動画を自分で見たら、目の下のクマがエライことになってた。。)

さて、とはいってもやるべきことは目の前に積み重なっていくわけで。

私は党職として政権公約マニフェストプロジェクトの事務局長や、国会議員団の「政務調査会」の会長代行を拝命しています。

この政務調査会(政調会)というのは文字通り政務・政策を司る部署でして、国会中は法案や予算の中身を政策的に精査していったり、議員立法を策定することが主な役割になります。

じゃあこれが選挙のときに何をしているのかというと、マニフェスト(公約・政策集)を作る作業を中心的に担うのはもちろんのこと、報道各社や各種市民団体・NPOからくる政策アンケートの回答を考えるという役割があります。

例えば上記は日本障害者協議会さまから送られてきたもの。

選択肢で答えるものもあれば、記述式で分量が膨大なもの(回答が大変!)。政党あてにくるもの、各予定候補者宛にくるものと様々です。

政党に来たものについて回答を作成するのはもちろんのこと、各支部長に個別にきているアンケートについても、党見解をガイドラインとして一定程度示す必要があります。

このアンケートが、選挙前になるとエグいくらいの量がくる…。

もちろん党職員や政策秘書などが総出でかかるわけですが、最後のチェックは議員が責任をもってやる。

マニフェストや過去のアンケート回答などとも照らし合わせながら、頭を捻って考えるのでかなりエネルギーを消費します。

もちろん選挙の最前線で闘う衆議院議員・予定候補者たちに負担をかけるわけにはいきませんから、政調会の中でも参議院議員チームが中心となってこれに対応していくことになるわけですね。

参議院選挙のときは逆に、衆議院議員チームが頑張ってくれる。はず。あ、でも参議院は半分しか改選しないからやっぱり?!

頭脳労働を効率よくやっていくためには、良質な睡眠が必要…ということで、今晩こそ長男坊がロングスリーパーであることを祈ります。

頼むよ!!(切実)

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ