東京から、あたらしくしよう

河野太郎大臣の総裁選出馬で再燃した、政治家にTwitterブロックは許されるのか問題(私はミュート派)

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

河野太郎大臣が総裁選に出馬見込みということで、再び「政治家がTwitter(SNS)で有権者をブロックするのは是か非か」に注目が集まっています。

「政治家とSNS」については以前から論考を書いてまして、私はブロックよりもミュート推奨派です。

参考過去記事:
政治家・議員はいわゆる「クソリプ」にどのように向き合うべきか問題(2018年7月)
ついにTwitterに「クソリプ防止機能」搭載!けど、政治家はあまり使わない方がよい…のかも。(2020年8月)

河野太郎大臣がおっしゃるように、見ようと思えば外部から投稿内容は見れるわけですし、批判はされど政治家もブロック機能を使う権利はあると思います。

あると思いますが、自らの狭量を示すだけですし、「ブロックした」という行為自体がネタになってしまう…。

また千正さんの指摘するように、「批判を見ることで自分を相対化・俯瞰する」というのも大事なことなので、あえてブロックはしない(むしろ見る)という心意気も大事なのかもしれません。

ただあえて政治家(有名人)がブロックを使うメリットをあげてみますと、

・精神衛生が健やかに保たれる
・罵詈雑言が罵詈雑言を呼ぶ(批判が広がる)という現象が減らせる
・リプ欄の治安が良くなる(見に来る人に不快な表現を目にさせない)

などでしょうか。

特に多くの人に発信を届けるという観点からすると、三番目はけっこう大事な気もします。罵詈雑言が飛び交っているところにあまり人は寄ってきませんからね。

ちなみに私の場合、ミュートしているアカウントがリプ欄で暴れていることにをは知らず、周りから

「随分ボロクソ言われてるけど大丈夫?気にしないでね!」

と慰められることがあります。うん、気にしてないというか、気づいてない(ご心配ありがとうございます)。

とはいえ、千生さんが指摘するように批判を見ることも大事なので、心身が健やかなときにリプを「表示」して見たりはします。

そしてイライラして病んで寝る。笑

というわけで月並みな結論ですが、Twitterのブロック機能を使うかどうかは政治家の判断に委ねられ、それは選挙で有権者によって審判をされるということでしょうか。

政治家個人とその周囲にとって、「ブロック」によるメリットがデメリットを上回るかどうかはその人や状況次第という気がします。

果たしてSNSでブロックを多用する日本初の宰相が誕生するのかどうか、注意深く見守って参りたいと存じます。

動画でもコメントしました。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ