東京から、あたらしくしよう

「政治は変わらない」と思われがちだけど、実はけっこう変わっている。ただし、スピードが遅いので…

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は産後ドゥーラさんが来ている時間帯に登院し、記者会見にて衆院選マニフェストの原案・ベースとなる政策提言「維新八策2021」を発表いたしました。

ベーシックインカム検討、消費税率5%に…維新、衆院選の公約原案
https://mainichi.jp/articles/20210825/k00/00m/010/407000c

明日には党公式HPにも資料が掲載されるとのことで、またこちらの詳細は追って取り上げたいと思います。

さて、本日もお目々爛々の赤子を膝に、妙な体制でえっちらおっちらブログを書いているわけですが。

「政治って変わらない」「声を上げてもしょうがない」

と言われながら、実はけっこう変わるところは変わっているんですよね、という話をば。

その最たるものが子育て支援、とりわけ待機児童問題で、私が都議会議員になった8年前、「保育所に入れない」という陳情はトップクラスに多い案件でした。

当時の「保活」は、本当に熾烈なものだったと思います…。

そこから世論の高まりを受けて、保育所整備は急速に進み。東京都ではベビーシッター助成も導入され。

もちろんまだお困りの方は残っておりますし、改善が必要な面が多々あるものの、待機児童に関する陳情は驚くほど少なくなりました

むしろ最近では「保育所を開設したい(のだけど自治体から許可が降りない)」という逆方面の陳情を受けるまでになっており…。

都内でもいくつかの自治体ではすでに、待機児童解消の見込みが立っているため、保育所の新設に対しては調整が入り始めているようです。

私に来る陳情の内容・質の変化を比べて見ても、まさにこの8年間での変化には隔世の感があります。

このように、世論の高まりや民意を受けて、政治や行政も着実に変わっている面はあります。

ただ、そのスピードが致命的に遅い。待機児童解消にしても、政府が「エンゼルプラン」を立ててから何年を要したんだという話で。

選択的夫婦別姓にしても同性婚にしても、20年後には確実に実現していることはわかりきっているのに、政治的に今現在はスタックしている。

20年も要したら子どもが大人になってしまうわけで、「政治はきちんと変わっていきますよ、諦めないで」というメッセージを伝えつつ、実際にその変化を感じてもらえるように世論を温めてスピードを猛烈にアップさせていく

このあたりがあたらしい政治家に求められている役割だよなと、改めて子どもの寝顔(いや、寝てない)を見ながら考えている次第です。

明日もがんばりましょう。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ