東京から、あたらしくしよう

支持率が下げ止まるも、参院選広島補選は劣勢。評価が難しい菅政権の浮沈具合【ほぼ雑談】

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

菅内閣 「支持」44% 「不支持」38% NHK世論調査
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210412/k10012969851000.html

支持率に一喜一憂しても仕方ないことはわかっていつつも、いつ解散総選挙が起こるかわからない現在にあっては、我々としても注目せざるを得ないわけでして。

4月の世論調査では、どこも軒並み菅内閣への支持率は下げ止まるか、あるいはわずかに上昇傾向にあるようです。

単に感染症の状況に連動している説もありつつ、政権にとっては明るいニュースであることは間違いありません。

一方で評価が難しいのは、野党側の「弔い合戦」である長野、不戦敗が決定している北海道はまだしも、「保守王国」である広島でも予想以上の差がつけられていることです。

広島でどれだけ自民党が鉄板だったかというと、定数2の参議院選挙区で「2議席独占」を狙いに行ったわけですから、そりゃあもう盤石な自民党地盤がある(あった)はずなんです。

その2議席独占を狙ったことが大きな禍根を残し、河井夫妻の汚職事件に繋がったわけですが…。

元経産省官僚という、経歴としてはシュッとした候補者を擁立しながら、序盤でこの大差(おそらく10ポイント近く)つけられているということは、広島県内における自民党勢の顕著な衰退が伺えます。

やはり選挙結果というのはモメンタム(勢い)を大きく左右しますから、菅内閣の支持率微上昇を吹き飛ばしてしまうくらいの結果となるかもしれません。

一方でこの広島県選挙区での予想外での大敗は、広島を基盤とする次期総裁候補の1人・岸田文雄氏の政治力を激減させることにもなるので、次期総裁選を見越せば菅総理にある種の「追い風」となる可能性もあります。

などを色々と考えると、今回の長野・広島・北海道の3つの補選をすべて取りこぼした場合、菅総理はオリパラ後まで解散を見送る可能性が高い気がします。

主たるライバルもいないし、そこそこの支持率さえキープしておけば、総裁選は恐るに足らずと考えるだろうというわけですね。

安倍前首相のお墨付きを得て下村政調会長が総裁選に名乗り 菅首相はどうなる?〈dot.〉
https://news.yahoo.co.jp/articles/e92d37778a057b515270765261d74dcff4d18afd?page=1

なんてことを考えていたらこんな記事が流れてきたりと、本当に政局はわかりません…。

考えても仕方のないことは考えるだけ無駄なんだと思いつつ、やはり色々と展開が気になるのは政治家の性。

特に結論めいたものはありませんが、いつ解散があっても良いよう、引き続きマニフェスト集約作業の詰めを急ぎたいと思います。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ