東京から、あたらしくしよう

毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

ついに本日、福島第一原発内に貯蔵されている「処理水」の海洋放出が決定されました。

福島「のみ」に負担を背負わせることには今後も対案(東京や大阪での一部受け入れ)を出していきますが、廃炉作業と復興のためにも、大半の処理水は海洋放出する他なく、この総理・政府の決断は支持するものです。

何度も申し上げてきた通り、原子力関連施設から処理水が放出されるのは国際的にも認められたスタンダードな方法であって、中韓などが早速懸念を声をあげているものの、これは政治的な意図に基づいたものであることは明らかで、毅然とした反論が必要です。

加えて政権批判が目的化している一部野党も一斉に反発を強めておりますが、その対応を誤ると風評被害へと直結します。

まさにここから2年が正念場とも言えるわけですが、海洋放出を懸念される方には大きく3つのケースがあると思います(もちろん、混合している場合もある)。

①処理水は科学的に危険だ、汚染されている!と考えている

確かに貯蔵されているタンク水の中には、現状においてはまだ基準値以上の汚染物質が残っているものがあるのは事実です。

しかしそれらも含めて、貯蔵されている水はしっかりとALPS処理され、安全な基準値以下にして海洋放出されることになっています。

これについて「ゼロリスク」を強く求める原理主義的な人を説得することは困難ですが、単に誤った情報を信じている人も多くいると考えられ、正しい情報を繰り返し伝えていくことが重要となります。

②科学的には安全な方法なのかもしれないが、政府や東電が信用できない

難しいのはこちらの「きちんと処理すれば安全なのかもしれないけど、そこが信用できない」というケースです。

特に東電については、現在進行系で不祥事が続いておりますから、「信頼できない」という声が上がるのはある意味では当然のことだと思います。

ここについては政府のダブルチェックに加えて、国際機関(IAEA)がモニタリングに協力することなども強調しながら、ここから2年間の情報公開を徹底してメインの主体である東電が信頼を取り戻していく他ありません。

この点については、国会質疑で私からもきちんと確認・提案をしていきます。

③いずれにしても風評被害が発生するからダメだ!

まさにここから最大の課題は、風評被害をいかに最小限にするかです。

風評被害が発生するから避けよという指摘・懸念はまっとうなものではあるのですが、さりとて永久にタンクに貯蔵しておくわけにはいかないことは、これまでも繰り返し述べてきた通りです。

①②の懸念に打ち返していくことと同時に、個人レベルでは安心安全を発信していくこと、福島の海産物を食べることが小さな積み重ねですが効いてくると思っています。

ヨッピーさんの記事を参考に、福島県産品が購入できるサイトをご紹介しておきますので、ぜひ皆様も購入をご検討ください。

「ふくしまプライド」
https://fukushima-pride.com/

「ふくしま市場」
https://fukushima-ichiba.com/

「楽天 福島の魚」
https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E7%A6%8F%E5%B3%B6/100236/

「Ⅰ&U」
https://iandu.shop-pro.jp/

明日以降、国会でも処理水を巡る議論が活性化すると考えられます。

特に当時政権を担っていた方々にも責任ある態度を求めつつ、風評被害を最小限にした海洋放出の実施に向けて建設的な議論を重ねていきたいと思います。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ