東京から、あたらしくしよう

たった1人しか選ばれない「首長選挙」の難しさ。宝塚市は惜敗、富山市で雪辱を目指す!

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

維新が公認候補を立てた宝塚選挙。まさに大接戦となりましたが、先ほど実に約1500票差で惜敗という速報が入りました…。

ご支援いただいた皆様に、まずは心より御礼を申し上げます。

破れたとはいえ、宝塚市はもともとリベラル勢力が非常に強い地域。その宝塚市で自公推薦候補を抑えながら、ここまで迫ったことは大きな一石を投じる結果でもあります。

ああ、それにしても悔しい…。維新公認の候補ですから、感染症がない万全な状況で代表・副代表クラスが応援に入れればと思わずにはいられません。

入れ替わりに本日は、富山市長選挙がスタート。こちらは無所属という形にはなりますが、富山維新の会で代表を務めた前衆議院議員・吉田豊史候補が挑戦しています。

「江戸の仇を長崎で討つ」ではありませんが、大阪以外での維新勢力の首長誕生に向けて、私もできる限りのバックアップをしていきたいと思います。

それにしても、たった1人しか選ばれない「首長選挙」の難しさよ。やればやるほど、その壁にぶち当たります。

私も北区長選挙に挑戦・惜敗したのがちょうど2年前。組織を持たない新人候補にとっては、周りのすべてが敵のように見える闘いになります。

今回、宝塚市長に当選した候補の選挙事務所にも、所狭しと労働組合などの団体から為書きが貼られている映像が非常に印象的でした。

予算の編成権・人事権を一手に持つ最大権力者を選ぶがゆえに、既得権層のすべてが血眼になって票とお金を集める。それが首長選挙。

この厳しい戦いをいくつもの地域で制している大阪維新の凄まじさに、改めて舌を巻くばかりです。

選挙は苦しい。本当に苦しい。

しかし、喉から手が出るほど団体票が欲しくても、しがらみを作らずにここを突破するからこそ「あたらしい政治」を創ることができる

この原点と、2年前の悔しさを忘れずに前に進んで参りたいと、改めて思った一日でした。

今後ともご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ