東京から、あたらしくしよう

「陰キャ」からの人生逆転劇。カンフーをやれ、ブログを書け!【超雑談】

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

日曜日だというのに、中高の同級生にディスられました
※後ほどリプライをもらい、「すごいなあと褒めてるよ!」とのことでした

まあしかし、この指摘については「その通りじゃねえか!」の一言しかございません。

ちなみに中学時代は写真部に所属して暗室に籠もっていた「陰キャ」だったこともあり、文字通りの「黒歴史」であります(写真部を揶揄しているわけではなく、暗いことにかけているのと私のキャラクターの問題です)。

で、今や一応「陽キャ」とカテゴライズされ、一応は政治家になるという夢を叶えた私でありますので、どうやってキャラチェンジに変更したのか?!

その秘密の一端を無意味にお知らせしたいと思います。

■カンフーで心身を鍛えた

以前から何度か触れてますが、陰キャほど身体を鍛えることは重要です。だいたいのコンプレックスは身体能力の低さからきています。多分。

しかし、そこは陰キャ。はいそうですかと身体が鍛えられるならそもそも陰キャになっていない。空手とか柔道なんて王道をやっても陽キャにボコられるだけです。

そこでカンフー(功夫)ですよ、カンフー。

カンフー・中国武術というマニアックな分野なら、習いに来るのはどこか人生にコンプレックスを抱えた陰キャばかりだ(愛すべき偏見)。

「オリヒメ」などのロボット開発で有名な発明者・吉藤オリィさんも早稲田カンフーのOBです。

私はここで18歳から2年くらいの青春を費やし、おかげで37歳になった今でも身体能力の衰えを感じず活動をすることができているわけであります。

さあ、今こそ君もカンフーで人生を逆転だ!

参考過去記事:
●18歳~19歳の青春は、だいたいカンフー(中国武術)につぎ込んでいた話【雑談】
【雑談】実は大活躍するあの人もOB…?!人生を変えるなら、やっぱりカンフーだ


■mixiに出会ってブログ(日記)を毎日書いた

そうはいっても陰キャなので、スポーツとか武術ばっかりやってられないわけであります。あたい、パソコンに向かいたい。陰キャだもの。

そこで出会ったのが元祖ジャパニーズSNS・mixiですよ。いやあ、これはハマりました。

なにせ日記を書くと「あしあと」がついたり、「新着コメントが1件あります!」とリアクションがきたり、承認欲求が満たされまくるわけですね。

mixiにハマって日記を書くことが日課となり、それを外部ブログにもついでに転載してアーカイブしておいた結果、あれよあれよと地味に有名ブログになって、現在の「ブロガー議員」というアイデンティティになりました。

どんなことでも毎日やっていれば上達するもんで、文章書くのは上手くなるし、アウトプットするためにインプットもするようになるし、これは何度も言ってますけど自己研鑽の最強ツールは日記(ブログ)だと思います。

というようなことを、今日はYouTubeでも喋りました。顔出しをしないでやれば、実はYouTube更新も陰キャ向きなんじゃないですかね?!

なんの参考にもならない与太話ですが、ご参考になれば幸いです(矛盾)。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ