東京から、あたらしくしよう

小池知事の記者会見は「不要不急」だったのか?再選は支持しないけども…

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は国民的スターである志村けんさんの訃報が駆け巡り、日本中が悲しみに沈む一日となりました…。

台湾からもメッセージが(泣)。

私たちが小さな頃は毎週月曜日といえば「だいじょぶだぁ」だったし、本当にたくさんの笑いと勇気をもらいました。

日本社会に対する衝撃は大きく、消費者心理も冷え込み、ますます経済対策について政治の責任は大きくなると思います。

志村けんさん、本当にありがとうございました。悲しみを乗り越えて、私たちは必ず前に進んでいきます。

安らかに眠って下さい。

そして夜は、小池百合子知事による緊急記者会見がセットされ、すわ「ロックダウン(都市封鎖)か?!」と多くの関係者が懸念をしておりましたが、

カラオケやライブハウス、ナイトクラブやバーなどのエンタメ系を中心とした特定業種・特定箇所に行くことにさらなる具体的な自粛を求めることが中心の内容でした。

名指しで業種・業態を指摘したことによって、対象業界への経済的ダメージは計り知れないものになります。

小池知事からも「国に要望することに加えて、都独自の対応を検討」という発言がありましたが、ここが極めて重要です。

画像引用元

可能であれば、生煮えでもその内容とセットで発表して欲しかったとは思いますが、現行の国の経済政策だけでは倒産・閉店が続出してしまうことは間違いありません。

国会から改めて政府に強く働きかけると同時に、都の独自政策にも期待し、注視していきたいと思います。

他にも現時点では遊技場や性風俗店における感染はなく、「接待飲食業」で陽性患者が発生している可能性が高いなど、かなり感染源が特定されていることがわかりました。

今回の記者会見に対しては「不要不急だ!」「中身がない!」などの批判がSNS上を中心に巻き起こっているものの、総じて私個人としては前向きに評価できる内容も多かったと感じています。

定例記者会見ではないという意味で「緊急記者会見」という打ち出しになってしまうのだと思いますが、もう少し過剰な不安あるいは期待が高じないよう、見え方の工夫が必要なのかもしれません(あとテレビ通話でやるとか)。

記者会見自体はTweetもした通り、専門家を同席させてきちんと専門的知見から情報を都民に伝えていることもポイントが高いと思います。

批判を浴びようとも、非常時には自らの言葉で素早く情報発信をするのがトップリーダーの務め。

だからと言って小池百合子知事の再選はまったく支持しませんし、都知事選には対抗馬を立てることを諦めていません(?!)が、私は常に是々非々です。

良い点は率直に認めて可能な部分で協力し、批判するべきは指摘をして対案を出す。

とりわけ現在のような非常事態においては、都政の関係者ともできる限り協力し、東京都選出の国会議員として国への働きかけをしっかりと行っていきたいと思います。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 37歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。37歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ