東京から、あたらしくしよう

最後はリーダー(首相)の政治決断。「4月冒頭ロックダウン」の怪情報に惑わされるな

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

今週末は「(経済に混乱が大きい)年度末を避けて、4月1日に緊急事態宣言→ロックダウンだ」という内容のチェーンメール(?)が界隈で盛んに出回りました。

政治関係者やマスコミ各位だけではなく、一般の方にも広まっていたようで、支援者の方や友人たちからも「これは本当か?」という問い合わせが相次ぐような状態で…。

結論から申し上げれば、いま飛び交っている「4月冒頭ロックダウン説」はほぼすべてスルー推奨案件だと思っています。

これは緊急事態宣言やロックダウンが「行われない」という意味ではありません。事態は切迫しており、むしろいつ出されてもおかしくない状態だと思います。

だからこそ、もはや最後の「政治決断」が首相に預けられている状態であり、その胸中は本人のみぞ知り得るということです。

「ロックダウンがくるぞ!」と言っていれば、とりあえず2分の1の確率で当たるわけですから、そんな情報に振り回されても仕方がないわけですね。

なお過日のブログで説明した通り、特措法の「緊急事態宣言」によって可能なことは要請ばかりですが、27日に感染症法33条を適用可能とする政令改正が施行され、罰則付きで72時間の交通制限や建物封鎖等ができることになりました。

感染症法の政令を一部改正し施行 建物封鎖など可能
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000180271.html

これについては、他党ですが後藤祐一議員の発信が詳しいです。

政府が意味もなく政令改正を行うとは思えませんので、いざとなれば公共交通機関の停止も厭わないということでしょう。

これに伴う経済的ダメージは計り知れないものとなり、それこそがこれだけ周囲から強く言われながら、総理が緊急事態宣言に踏み切れない理由です。

極めて難しい政治判断ではありますが、私はここはやるしかないと思います。

その際には、何度も繰り返し述べている通り、自粛・制限には経済的補償がセットです。

交通機関の停止は強制的にできても、外出制限等がまだ「要請」である以上、補償がなければ宣言の効力は半減します。

仮に緊急事態宣言を考えているのであれば、緊急経済対策は10日を目処という悠長なことを言う暇はなくなり、宣言と同時にある程度のプランをパッケージで示す必要があります。

こうしたことも含めて、首相や官邸内ではギリギリまで検討が続くでしょうが、やはり最終決断を下すのは総理一人。

巷に流れる怪情報には一喜一憂せずに、いずれにしても必要な政策提案を適時適切に示していけるよう、明日以降も地に足をつけて、しかし迅速に行動していきます。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ