東京から、あたらしくしよう

八月最後の日、動画で熱い夏を振り返る。東京維新の会は、柳ヶ瀬裕文代表の元で新体制へ!

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

いよいよ今日で8月も終わり。夏の終わりというのは何歳になっても、なんだか感傷的な気分になってしまうものです。

特に35回目の今年の夏は、確実に人生で最も熱い夏でした。

多くの仲間達と駆け抜けた参院選の7月。そして国会議員として初めて迎えた8月。

そんなひと夏の思い出を、ムービーにして今朝公開しました。

4月の区長選落選。真夜中の3時まで「参院選に挑戦するべきか否か」で激論を交わした5月の夜。

意を決して行った記者会見、多くの批判と希少な期待、それでもチャレンジし続けた選挙戦…。

5分程度のムービーですので、ぜひご覧いただければ幸いです。

そしてまた明日に詳細を書きますが、これからは動画発信を強化して原則毎日、You Tubeに動画を公開していきます!

チャンネル登録者が1000人を超えるとLIVE配信もできるようになりますので、

あと550人…!ぜひ皆さま上記動画からチャンネル登録にご協力くださいませ。

そして日本維新の会は党規約に則り、代表選は行わずに松井代表が続投されることが決定しました。

私個人としては、選挙を行った方が組織の結束やガバナンスがより強化されるのではないかとの考えから、代表選は実施するべきと回答しておりましたが、松井代表の再任・続投自体にはまったく異論はありません。

そして時同じくして、「東京維新の会」でも馬場前代表の辞任に伴う代表選出が行われ、全体会議での議論→信任投票というプロセスを経て、柳ヶ瀬裕文参議院議員が新代表に選出されました。

東京維新のチャーターメンバーであり、たった一人になっても都議会から維新を支えてきた柳ヶ瀬さんですから、こちらの人事も極めて順当なものであると思います。

ただ日本維新の会にしても、東京維新の会にしても、遠くない将来に国会議員・地方議員全員を立候補有資格者として、党員も投票権を持つ選挙で代表を選出していく組織へと一層のグレードアップできるよう、私も微力ながら力を尽くしていきたいと思います。

幹事長や政調会長といった、他の要職を含む東京維新の新体制詳細についても、また決まり次第ご報告していきます。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ