東京から、あたらしくしよう

平成の都議会はここが問題だ!思い出に残る事件ベスト5【やながせ裕文×おときた駿】

日々のこと

平成最後の本日は、やながせ裕文都議にお声がけいただいて「やなチャン!」の特番収録をやっておりました。

2時間も何をしゃべるんだろう…と思っていましたが、あっという間に終わってむしろ時間を延長したという有様でした(笑)。

区長選の振り返りや私の今後についてもありつつ、メインテーマは私が都議会にいた間の「思い出に残る事件ベスト5」だったので、そちらをブログでもテキストでざっとご紹介。

第五位:
セクハラやじ問題

2014年に発生。メディアで大きく取り上げられた後、半年間ほどは議場が静かになりましたが、今やすっかり元通りに。

第四位:
徳洲会(猪瀬)事件

都議になってわずか半年で知事が辞職するという事態に。オリンピック利権の闇を思い知りました。

第三位:
舛添問題

私とやながせ都議が地上波デビューするきっかけともなった問題。危機管理対応さえ間違わなければ、いまだに舛添都政が続いていたんじゃないかと今でも思います。

第二位:
小池百合子知事、誕生

あの都政への熱狂が今や懐かしい。あの時に掲げられた公約そのものについては、間違ってなかったと今でも思っています。

第一位:
百条委員会

個人的にはやっぱりこれが一番印象深いかなと。石原元知事、浜渦元副知事とも対峙。

「土壌Xday」が単なる怪文書だフェイクニュースだと批判されましたが、むしろそれ以上に過激な内容が書かれた文書・メモ的なものが沢山あって、取り上げるのを見送った内容も多々ありました。

ものすごい貴重な歴史的資料と対面する機会だったと思います。

そういうことも、令和の次の時代(50年後くらい)になったら語れる日がくるのかもしれませんね。。

というわけで、「平成」と言いながら私がいたのはその最後の6年間だけだったのですが、それでもこれだけの出来事があった都議会・都政でありました。

令和の時代には「あたらしい都議会」の幕が開けることを、草葉の陰から祈念していきたいと思います。

やなチャン!には時々出演するかも?

それでは、また令和で。

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 35歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ