東京から、あたらしくしよう

今年のことは今年のうちに…HPV(子宮頸がん)ワクチン、3回接種をコンプリート!

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日はお久しぶりな赤羽岩淵駅前で街頭活動の後、年内最後の議会公務となるオリパラ特別委員会へ。

すでに報道発表などで明らかになっていましたが、改めて示された「どんぶり勘定」な予算に愕然…。どこの世界にこんなペラペラの予算書で、数千億単位のプロジェクトを承認する会社・組織があるでしょうか。。

こちらはGoProカメラによってYouTubeLIVEに進化した会派総会生中継や、Voicyでも簡単に解説しましたが、また改めてブログでも取り上げていきたいと思います。

本件に対する質疑は1月31日。それまでにしっかりと調査研究を重ねて、問題点を明らかにして参ります。

いよいよ2018年も残り数日とカウントダウンが始まりまして、やり残しはできるだけ少なくしておかねば…と棚卸しをしていたところ、

HPV(子宮頸がん)ワクチンの3回目を受けていない!!

ということに気づきまして、インフルエンザの予防接種を兼ねてナビタス新宿クリニックに行って参りました。

参考過去記事:
男性議員だけど、子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)を接種してきた

https://otokitashun.com/blog/daily/16734/

前に受けたのは2月で、2回目から半年後を目処に接種しなければならなかったのを、多忙にかまけてすっかり忘れておりました。。

久住先生にブスッと刺していただきまして、これにてHPVワクチン「ガーダシル」をコンプリート!

今年はノーベル医学生理学賞を受賞された本庶佑先生が、HPVワクチン接種の有用性・重要性・安全性に触れて語られるなど、ワクチン行政の前進に向けて明るいニュースもありました。

●HPVワクチン「ぜひすすめて」 本庶さん、厚労相と面会
●本庶佑氏、ストックホルムでも子宮頸がんワクチン問題に警鐘 「マスコミはきちんとした報道をしていただきたい」

私も引き続き、正しい医学的・科学的知識が広がることに尽力するとともに、ワクチンに携わる行政施策が前に進むよう政策提言を続けて参ります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ